絶対SIMPLE主義

死力を尽くしてSIMPLEシリーズを応援するブログ

アイレムとどきすいの看板に泥を塗るデキ。PSP「どきどきすいこでん」レビュー

IMG_1019.jpg

PSPどきどきすいこでん2周したのでレビュー!

どきどきすいこでんはアイレムのエイプリルフールネタだった
どきどきすいこでん ふりむいて!わたしがいるよ…
を実際にゲームとして発売したもの。
もっとも、ヒロインが108人いるっていうのが元ネタのウリだったのに、
これはヒロインが8+1人だけで、
NPCなどのモブキャラ含めても108人には届いていないのでもはやベツモノか。

内容はコスプレバトル+恋愛アドベンチャー。
梁山学園に転校してきた主人公が成り行きで新聞部に入部し、
部長のハイゼル祐子や他のヒロイン達と一緒に
学園七不思議を調べていくというストーリー。
ゲームはテキストを読み進めていくノベルパートがメインで進んでいき、
合間合間にイベントでのバトルが挟まる形式。
マップ画面では購買所でアイテムを買ったり、
フリーバトルで経験値を稼ぐことも出来る。

正直発売前からあんまり面白そうには見えなかったが、
実際買ってみたらかなりひどかったよ……。

まずこの手のギャルゲーにはあって当然といえる
既読スキップ、CGモードor回想モードなどは一切無し。
ていうかADVパートの最中はメニューを開けない。
一応、×ボタンを押してのスキップはあるので、
2周目からは×ボタンを押しっぱなしでネットを見たりTVを見たりして進めた。

シナリオもいい加減で盛り上がりも無く、劇中の謎もほとんど投げっぱなしのまま終わる。
何よりひどいと思ったのが明らかに2話と3話の順番が間違っている点。
序盤で分岐とかは一切無いため、一度でもテストプレイしていれば気づくはず……。
そこ以外にも整合性の取れてない部分がチラホラ。
ヒロインは8人+1人だが、個別イベントはバレンタインとクリスマス程度で、
ここで選んでおけばそれだけで個別エンドが見れる。
終盤に登場するヒロインはバレンタインしか個別イベントが無い。

アイレムゲーといえば無駄に凝ったおふざけ選択肢。
エイプリルフールネタから生まれたどきすいなら当然あるだろうと、
大体のユーザーは思うだろうけどそんなものは無い。
選択肢はおさわりイベントを除くとごく僅かで、
内容も普通のギャルゲーの粋を出ないありきたりなもの。
ギャグもアニメやマンガ、ネットネタのパロディなんかはそこそこ多いが、
アイレムネタはほとんど出てこない。

IMG_1150.jpg

俺の記憶だとアイレム学園って名前くらいしかアイレムネタは無かったと思う……。

IMG_1161.jpg

ギャグもなー。
登場人物の1人に言動がまんまブロントさんのキャラがいたり、

IMG_1156.jpg

「えいしゃおらー!」とか色々入ってるんだがどうにもパッとしない。
バキネタとかジョジョネタとかある中に、
じゃりんこチエネタが混じってたのはライターの趣味っぽくて面白かったけど。

キャラデザ自体は少々古臭いが素直に可愛いと思うし、
江口礼とかボーイズラブ先輩とか八王子奈々辺りも俺も気に入ってるんだが
シナリオとイベントの少なさでどうにも味気なく感じる。個別エンドもあっさり。
一応のメインヒロインであるハイゼルは
「元ネタのどきどきすいこでん」から引き継いだ宇宙人設定が
まったく生かされていないというひどいキャラに……。
ギャグキャラポジョンのナイト先輩は言動が普通に不快でまったく好きになれなかった。

これでウリの着せ替えや戦闘が面白ければまだ良かったんだが、
ここが一番酷いから困る。

戦闘は味方も敵もリーダー1人+女の子3人で行うキャットファイト。
4人のメンバーが前列と後列に2人ずつ分かれてバトル。
メンバーは自分の前の敵にしか攻撃できず、
1ターン経過する度にローテーションで時計回りに陣形が変化する。
そのため先を読んだ立ち回りが必要……というシステムのつもりだったんだろうな。

リーダーのHPがゼロになるか、
リーダー以外の女の子が全滅したら負け。敵も同じ条件。
リーダーは毎ターン回復するIPを消費することによって、
女の子に服を着せたり、回復アイテムや攻撃アイテムで補助したりが可能。
服によって固有スキルがあり、女の子の集中力を消費することで発動可能。
着替えやアイテムは戦闘前にセットしなければ使用することが出来ず、
セット出来るアイテムにも、
アイテム毎に設定されたコストが合計で40を超えないという制限がある。
これはRPGやシミュというよりカードゲームっぽい構成になっているな。

しかしこのゲーム、まず女の子の着せ替えが自由に出来ない。
初期装備の変更そのものが出来ない!
例えばハイゼルだったら初期装備は制服、五月だったらスクール水着になっているが、
これを戦闘前に変更することは一切出来ず、
違う服に替えたかったら戦闘中に
いちいちコストとターンを消費して着せ替えさせないといけない。
もちろん自由に着せ替えさせて楽しむモードなども存在しない。
公式には「コスプレシミュレーター」というコンテンツがあるが、
本編にはこんなの無いので、着せ替えは公式サイトでしか自由に楽しめない。

攻撃によって装備アイテムの耐久力がゼロになると装備が破壊されて
ありがたい下着を拝むことが出来るんだが、
敵NPCの立ち絵は下着の柄も含めて使いまわしだらけなのであんまり楽しくない……。
戦闘デモじゃなくて、
通常画面でのチビ3Dキャラなんかはそこそこ種類があるんだけどね。
つーか戦闘デモの立ち絵とチビ3Dキャラで下着の色が違うんですけど…。

以上の点で着せ替えさせる楽しみが無い。
これに加えて入手できるコスチュームのスキルがどれも似たり寄ったりなので、
コスチュームを収集する楽しみがほとんど無い。
結局、攻撃力を1ターン2倍にする系のスキルでリーダーをぶん殴るか、
攻撃力を2倍にする系のスキルと
複数攻撃系のスキルを組み合わせてぶん殴るかの2択。

集中力の溜まり易い女の子に
リーダーを回復出来るスキルのある服を装備させて回復させまくるとか、
2回攻撃のスキルを重ねがけして4回攻撃とか、色々やりようはあるんだけど、
効率を考えると結局パワー上げての殴りに落ち着くので戦略性は低い。

女の子の服は頭・上服・下服・足の4つの部位に分かれているが、
攻撃は必ず頭から順番になる。
足のスキルがやっかいだから足から潰そう!とかは出来ない。
スキル以外では1回で1つの部位にしか攻撃出来ず、
部位破壊しても簡単に着せ替えが出来るので
まともに女の子を狙おうとすると戦闘が長引きがち。
ちょっとしたエフェクトも妙に長かったりでテンポ悪い

また、経験値によるレベルアップの要素も存在するんだがこれがまた問題。
ステータスにある程度差があると攻撃がほとんど通らなくなる上に、
CPUはかなりバカでスキルをあまり使ってこないため、
「直接リーダーにダメージを与えるアイテム」にさえ気をつけていれば、
ある程度レベルを上げてしまうと何も考えずに勝ててしまう。
逆に2周目になると敵のレベルがこっちよりもかなり高くなるため、
女の子の装備をちょっと壊すだけでも一苦労。
もちろん攻撃力も高いため、終盤になると戦略を練る間も無く2ターンキルされる。
これで2周目のラスボスは苦戦したわ……。
回復アイテムを使う間も無く瞬殺されるから、
結局2ターンキルされない程度になるまで鍛えてパワープレイでリーダーを殴り殺した。

普通に遊んでもCPUがバカでテンポ悪くてつまらないし、
2週目で敵が強くなると稼ぎ強制でつまらないし、
仮にこっちと相手のレベルが同程度でCPUが賢かったとしても、
スキルや着せ替えでいくらでも回復可能なこのゲームだと
今以上にテンポが悪くなりそう。
こう考えるとシステムとバランスの根本からダメなんだな……。

イベント戦闘に勝利するとおさわりパートが始まるが、
1枚絵を三分割にして表示しつつ、選択肢を3回選ぶだけ。
しかもどれ選んでも変化無いという泣けるショボさ。
イラスト自体は下着と半ケツ上等でまあエロいんだけどね。

褒めるトコはキャラの表情変化の滑らかさか。
シリコンスタジオの開発したツールを使用しているらしく
表情が自然で、息を吸うときに軽く肩を動かしたりとなかなか細かい動きをしてくれる。
ただ……表情のパターンが少ないのを感情マークで誤魔化してたり、
「怒鳴ってるシーンなのに顔が笑顔のまま」みたいなシーンが凄く多かったりで、
プラスマイナスゼロ……いや、むしろマイナスかな?

そんなわけで「練りこみが不足していない部分が無い」という残念すぎる完成度。
キャラ自体は可愛いし、下着もバンバン出てくる。
エロいシーンのBGMとSEの親父臭さとか、
この全体的な垢抜けてない雰囲気は一昔前のギャルゲーっぽくて嫌いじゃないんだが、
それにしたってあまりにも完成度が低すぎる。やる気が無かったとしか思えない。

元ネタの「どきどきすいこでん」はネタとしてもぶっ飛んでて最高だった。
一回で終わらずにその後もエイプリルフールネタでちょくちょく顔を出したり、
グッズ販売がされたり

ぶるるん56ページ

実際に発売されたゲームの100倍くらい面白いウソ記事が何度か作られたりと、
非常に愛されていたネタだったと思うんだけど、
この「PSP版どきどきすいこでん」は見事にそれに泥を塗ってしまった。
ただただ残念でならない……。
アイレムを応援する気持ちを込めて買ったんだが、
実際遊んだ後だと「アイレムはもうダメだ」としか言えないのが悲しい。
ホントに、悲しい。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/05/25 08:57 ] PSPゲームレビュー | TB(0) | CM(5)
アイレム
https://job.rikunabi.com/2012/company/seminar/r246010053/C002/
これを見る限りアイレムは家庭用から完全撤退するみたいですねぇ
どきすいが家庭用最後になるのはあまりにも寂しい気がするけど
[ 2011/05/25 09:41 ] [ 編集 ]
アマゾンとかの評価も低いみたいですよ
何か他の人とかの感想を見ても、笑えない酷さって感じがします
既読スキップ、CGモード無しはゲームとして酷い・・・
>褒めるトコはキャラの表情変化の滑らかさか
他に1つぐらい良いところは無いんですかね・・・
[ 2011/05/25 16:01 ] [ 編集 ]
俺の言いたいこと全部言ってくれてありがとう。
アイレム色々と大変みたいだからあんまりキツイこと言いたくないけど、久々にやってて苦痛なゲームだったよ。特にバトル。
モーションポートレートもずいぶん前に出たハルヒや俺妹のほうがよっぽどヌルヌル動いてるから、どきすいならではのセールスポイントになってないし。
でもイベントCGは今時珍しく直球なエロだから、キャラデザが好みの人はダメージ覚悟で買うのもアリかと。
そんなに出荷してないだろうから、値崩れするよりプレミア付く可能性のほうが高そうだし
設定資料集とか出そうにないし。
[ 2011/05/25 17:48 ] [ 編集 ]
じゃりン子チエちゃんのネタってどんなんなんですか?
[ 2011/05/25 22:16 ] [ 編集 ]
7月4日に更新あり
v-521アイレムさんが、どきどきすいこでんの更新プログラムを7月4日より配信するようです。
今回の更新で何かパワーアップするとは誰も思ってなかっただけにビックリ!アイレムさんの本気を見た気がします。
はじめての投稿で生意気ですが、これからもゆっくりブログを読まさせてもらいます。
マジでアイレムの本気を見た気がした今日。毎日がとても、あついですが、お体を崩さずにブログもゲームもがんばってくださいね!陰ながら応援してます^^
[ 2011/07/02 13:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

日本のSIMPLEシリーズ人口
ad by google
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

DAIKAI-6

Author:DAIKAI-6
誰かが言っていた……。
夢見る心は
自由で真っ白なキャンバス
だってな!

連絡用アドレス
daikai10@infoseek.jp

※2chから転載禁止処分を受けた
ブログのリンク・転載は
ご遠慮願います

メールフォーム(意見・連絡等などあればこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アクセス解析