絶対SIMPLE主義

死力を尽くしてSIMPLEシリーズを応援するブログ

3DSDLソフト「怪獣が出る金曜日」レビュー!もっと見せ方を考えて欲しかった

IMG_1193_20130318201011.jpg

賢明なる諸君へ!
怪獣が出る金曜日のレビューが完成したので更新をします!

怪獣が出る金曜日|GUILD02 公式

怪獣が出る金曜日はレベルファイブが3月13日に800円で配信した3DSDLソフト。
有名クリエイターにこれまでにない実験作を作ってもらうというギルドシリーズの1本だ。
本作を担当したのは「ぼくのなつやすみ」シリーズを製作した綾部和&ミレニアムキッチン。

核心的なネタバレは伏せるが
今回はかなりストーリーやプレイ時間に突っ込んでレビューするのでいつも以上に注意ね。

毎週金曜日に巨大怪獣が出現するという、
ヒーロー番組のような町に住んでいる少年そうたが主人公。
最近引っ越して来たばかりのそうたを操作して、友人を作ったり怪獣のヒミツを探ったりしていく物語。


ゲームとしては単純な作りで、
町をあちこち歩き回って誰かと会話してフラグが立つと話が進んでいく。
複数のエピソードが同時進行したりもするが、
基本的にマップ画面に表示されたヒントマークのところに行けば話しが進むので詰まることはナシだ。

IMG_1181.jpg

ぼくのなつやすみの人が作ってるだけあって町の雰囲気作りは実に見事。
いかにもな商店街にうらぶれた路地に町に残ってる怪獣の足跡に
TV番組の宣伝がバーンと貼ってある放送局にと
舞台となっている昭和40年代風の世田谷は歩いているだけでなんだかワクワクしてくるし、
駅から漏れ聞こえてくる発車アナウンスとか
商店街を歩いてくると聞こえてくる宣伝とかの音周りの作りも丁寧。

キャラの動きもかなり細かいんだよねこのゲーム。
ゲーム中に怪獣カードバトルで負けた相手は勝った相手に呪文を唱えられると
その場でバタリと倒れなければならない……という呪文ごっこ遊びが出てくるんだけど、
この倒れ方も全キャラ違っていて、そのままバターンと倒れるキャラもいれば
いかにも女の子らしく倒れるキャラもいるし、妙に演技派っぽく倒れるヤツもいる。
主人公のそうたがお父さんと話す時にさりげなく同じポーズを取るとか、
こういうちょっとした仕草も含めてしっかりと個性付けされているからとても魅力的に映る。
会話テキストも楽しいからおつかいイベントも苦にならない。
俺のお気に入りキャラは……フランク、S子、メガミちゃんかな。お父さんも好き。

随所に入るナレーションはいかにも子供向け番組っぽいお姉さん声で、
これが妙にテンション高くて量も多いのでやや人を選びそうだが俺は好きだね。
メインテーマの歌もまたいいんだこれが。

IMG_1183.jpg

「特撮パロディ作品」ではなくノスタルジー的なノリが強いので
特撮オタクがニヤリとするような要素は意外と少なかったりするんだけど、
怪獣カードはやっぱりいかにもどっかで見たような怪獣が多いし、流星マークの防衛軍もある。
合体怪獣のカードがジャンボキングそのままなのは吹いたぜ。なんと通好みなチョイス。
パロとして使用されること自体珍しいような怪獣ですよジャンボキングって!
正確には怪獣じゃなくて超獣なんですけども!ジャンボキング割と好きなんでこれはニヤリとした。

難点はシナリオが詰め込みすぎな点。
毎週金曜日に怪獣が出る設定だから
長い期間の話を描いたゲームで色んな怪獣が出るのかと思ったら
実際はいきなり金曜日当日からスタートしてその1日だけの物語。
個々のエピソードには良い話も多いしキャラ自体は魅力的なんだけど、
なんでもかんでもこの1日でやろうとしちゃってるから掘り下げ不足に感じた。

転校してきたばかりの主人公に新しい友達が出来て、町を案内してもらって、
カード勝負して、呪文ごっこも覚えて、商店街の人たちとの交流もあって、
同じ日に転校してきたクラスで6番目の飛び切りの美人とも仲良くなって、
街にやってきたナゾの人物とのやり取りがあって、ついに怪獣が出現して……。
って話を全部1日でやろうとしてる!そりゃ駆け足にもなるわ。

この構成は「毎週金曜日に怪獣が出る」ってコンセプトを台無しにもしちゃってるね。
金曜日に怪獣が出るなら直後の土曜日にもドラマがあるし、
怪獣が出る直前の木曜日にもドラマがある。
怪獣が出るのにまだ少し日にちのある月曜日辺りにだってドラマがあるはず。
「月火水木金土日」のすべての曜日に違ったワクワクが生まれるはずで、
このすべての曜日を大事にしてこそ「毎週金曜日に怪獣が出る」って設定が生きるんじゃないか!
それを一切描かず、いきなり金曜日当日から始まって
その日だけで完結するんじゃ片手落ちもいいとこだぜ。

絶対に1ヶ月くらいの期間を取ってやるべきだった。
全部の日にしっかりしたイベントや会話デモを用意しなくてもいいから、
「それから2日後…」みたいなモノローグだけで進むシーンが多くなってもいいから、
とにかく曜日の変化を、時間の流れを感じさせる構成にして欲しかったよ。
ここだけは絶対どうしても譲れない点だ。

もしかしたら「実際の巨大ヒーロー特撮番組も週に1日だけの1話完結で進むことが多いから
このゲームも1日だけで全部終わる内容にした」
という思想で作られているのかもしれないが、
そうだと仮定してもあまり上手く機能しているとは言いがたい。

せっかく町の作りがいい雰囲気なのに立体視がおざなりなのも残念。
「画面の一番手前にある看板だけ立体的」「画面の一番手前にある茂みだけが立体的」
みたいなのがほとんど。怪獣登場シーンのアングルや演出もいいだけになあ。

1時間半から2時間でクリア可能な点は、
まあ定価800円で雰囲気ゲーだからちょっとした映画1本分と考えれば許容できた。
グラフィックや演出がその分リッチだし歌もあったりするしね

クリア後には本編クリアだけじゃ埋まらなかったエピソードをクリアするやりこみ要素もあるんだが、
これは蛇足の極みにもほどがあってどうしようもない。ここはホント褒められない。

「ミニゲームの怪獣カードバトルでカードコンプする」「特定の組み合わせで会話フラグを立てる」
という2点なのだが、まずカードコンプするまでの道のりが苦行レベルのつまらなさ。
怪獣カードバトルは5枚のカードを使ってプレイするジャンケンをベースにした内容で、
まあ単純ながらそれなりに読み合いもあるんだが
「チョキ以外に勝つ」「パー以外に勝つ」「グー以外に勝つ」という以外カードの存在と
あいこだった場合はカードの攻撃力の高い方が勝つというルールのせいで
クリア後に戦う強力なカード使い達が相手だとかなり運が絡んでくる。
攻撃力が高いカードをバシバシ使ってくるからあいこだとほぼ負けだ。

また、単純に勝てばカードを貰える!というシステムではなく、
「1度勝ってる状態の相手にもう1度勝つと高確率でピースを貰える事がある」というもので、
そのピースを更に7枚集めて初めてそのカードが手に入る。
ピースはランダムなので狙ったカードを引き当てるには何十回も繰り返し遊ばなければならない……。
カードバトル自体は2分程度で1試合が終わるとはいえ、遊んでてきつい。

ナンバー13と14のカードはクリア後にクリーニング屋にいる相手からじゃないと出ない気がするし
ナンバー3のカードもヤキメシ相手じゃないと出ない気がするしと、
対戦相手によって出るピースが違うような気もするんだが、
ヒントみたいなのは無いからとにかく戦いまくるしかない。コンプまで本当に辛かった……。

クリア後はキャラと会話するたびに「主人公の興味のある話題」がコロコロと変化していき、
「○○の話題の時に○○と話すと話題が○○になるので、その状態で○○に話しかける」
みたいな面倒な手順を踏まないとクリアにならないエピソードがいくつか登場する。
もちろん完全ノーヒント。
話す前にカードバトルで勝たないと会話がスタートしないこともあるので本当に面倒くさい。

このおまけ要素のエピソードは
物語の核心に関わるような内容でもなんでもないちょっとしたシナリオばかりだし、
単純にゲームとしての面白さもまったく無い。
ひたすらに面倒なだけでプレイ時間の水増しのための要素以外の何者でも無いね。
このせいで本編は2時間未満で終わるのにコンプまでには5~6時間掛かる。
せっかくの雰囲気ゲーに作業要素をぶち込んで台無しにしてどうする。
全エピソードクリアでギルド01連動特典の
「防衛宇宙局少年隊員手帳」が連動無しでも解禁されるんだが、
まさか連動の価値を上げるためにこんな苦痛な内容にしたんだろうかと勘繰ってしまう。

コンセプトは物凄く好きだし、
超蛇足なクリア後に目を瞑れば良かった部分も多いんだけどやはり色々と物足りない。
唯一無二の内容なのは間違いなく、
キャラとか雰囲気とかテキストはホントに凄くいいだけに勿体無い。
値段分の面白さはあるし低予算作品と言ってしまえばそれまでなんだが、
話にしろゲーム部分にしろ、もっと低予算ならではの魅せ方がいくらでも出来たと思う。
色々と惜しいゲームでした。次があるなら期待するぜ!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/03/19 02:28 ] 3DS DLソフトレビュー | TB(0) | CM(25)
普通にフルプライスでいいからしっかり作って欲しい感じだ
[ 2013/03/19 03:07 ] [ 編集 ]
途中まで読んである程度の期間があるゲームなんだと思い込んでた
から、1日だけの物語と知ってびっくりした。
これはラー油が言ってるように1ヶ月くらいの時間が欲しい。
[ 2013/03/19 03:27 ] [ 編集 ]
エピソード4が埋まらない…。キャラは分かってるので話題が変わる度に話しかけてるけど、ちょっとめんどくさくなってきた。

1番印象に残ったのは賢明なる諸君のナレーション。コイツが妙に癖になる。
[ 2013/03/19 04:10 ] [ 編集 ]
カードを集める方法が味気なかったなぁ。
他の子供とトレードできるとかカードをかけて勝負するとかできたら良かったんだけど。
[ 2013/03/19 04:39 ] [ 編集 ]
散々言われてるけど金曜に怪獣が出るからって金曜だけなのはなんか違うんだよなぁ
木曜「明日ついに怪獣が出るのか」
土曜日「昨日の怪獣すごかった」
次の週の木曜「またでるのか」
次の週の金曜日「でたよ」
土曜日「昨日の(ry」
って感じの
子供の頃学校や幼稚園でアニメや特撮の話したノリにして
ほしかった。
[ 2013/03/19 05:16 ] [ 編集 ]
なるほど…
やっぱり低価格の手軽なゲームに、ぼくのなつやすみ風のじっくり雰囲気を味わうゲームはあんまり向いてなさそうだと思った
[ 2013/03/19 08:30 ] [ 編集 ]
ギルドシリーズじゃなく作りこんだ一作ならな、と思うような感じか
まあ雰囲気はいいというなら買ってみよう
[ 2013/03/19 08:37 ] [ 編集 ]
買うのやめとくか
[ 2013/03/19 09:27 ] [ 編集 ]
大体言いたいこと言ってくれた。
「連載打ち切りが決まって頑張ってまとめたけど、あんまり上手くいかなくて
余った伏線は単行本のおまけページで」みたいなノリだよね。
ストーリー自体はいいんだけどねえ…S子との絡みがもっと見たかった。
一月とは行かなくても金曜日を3週分くらいに分けてほしかったな。

ていうかカードコンプしたのね…。さすがですな。
[ 2013/03/19 09:58 ] [ 編集 ]
定期的に怪獣が出るって設定なら最低でも2回は出なきゃな~。
なんかGUILD02は01とは逆にDL版が出揃ってからカード版が出そうな気がしてきた。そのためにわざと改善点を残してるような。
[ 2013/03/19 10:36 ] [ 編集 ]
嫌いじゃなかったけど、何度も遊びたくなる…という作品ではなかったな
期間については本当にラー油のいう通り

個人的に気に入った部分、記事に書かれてないけど、怪獣とヒーローが戦ってて、ヒーローが優勢のときにある方向を見てポーズするんだよ
彼がどこを見てるのか始めは視点の関係で分からなかったけど、エリアを移動すると分かるんだ
場所ごとに視点の違うこの作品の特徴をよく生かしてるなぁと感心したよ
[ 2013/03/19 10:38 ] [ 編集 ]
↑ポーズ取ったあとの展開も見もの。
私的には小松菜が気になる。フランクがあんなこというから…。
[ 2013/03/19 15:22 ] [ 編集 ]
俺は面白いと思ったよこのゲーム。粗い所はあるけど体験性としては良いゲーム。
作り的に続編作りたそうだったし、
もし続編出てくれるなら、パッケージ版でたっぷりやってほしいね
[ 2013/03/19 17:14 ] [ 編集 ]
惜しいなー、と思ったゲームだった。
これで一本作ってほしいな~。
[ 2013/03/19 17:52 ] [ 編集 ]
ちょっとお話のあるウルトラファイト的な?
[ 2013/03/19 18:21 ] [ 編集 ]
せめて月曜スタートの金曜〆であればよかった。
「怪獣が出る金曜日」に向けて期待と不安を高めていく感じはほしかったなぁ。
おもしろかっただけにいろいろもったいない。
[ 2013/03/19 22:00 ] [ 編集 ]
エピソード4がカードコンプでうまるけど13~15のカードは人から手に入るピースも有限で落ちてるピースも全部拾わないと駄目みたいね。
[ 2013/03/19 22:07 ] [ 編集 ]
自分は楽しめなかった。
800円じゃもっと楽しめるダウンロードソフト有るからオススメ出来ないし。
自分はクリア後20分位プレイしてギブアップ!
ナレーションは好きだけど・・・
[ 2013/03/19 22:39 ] [ 編集 ]
ジャンプの打ち切りマンガみたいな
駆け足展開ってのはまさにその通り。
本当に心に残る良いゲームだっただけに
もんの凄く惜しい!!
途中まで個人的3DSゲームベスト3に入りそうだったのに!

これをステップとして、金と時間をたっぷりかけた
フルプライス完全版が出るのを祈りましょう
[ 2013/03/19 22:39 ] [ 編集 ]
ジャンボキ……ジャンボゴンが出るんじゃ買うしかないじゃないですかーやだもー!!!
[ 2013/03/20 18:13 ] [ 編集 ]
シナリオが1日だけであることについてはむしろ問題ないかと。
今挙げられてるような意見は、大人の、ゲーマーの目線ですよね。あくまでメインはそうた少年であって、引っ越してきたばかりの土地を探検して、新しい友達ができて、新しい遊びを覚えたり、変なことに興味を持ったり…昭和40年代の子どもが1日自由に遊び回った情報量として捉えれば、それでも活発な部類に入るでしょう。むしろナレーションベースで数日経っちゃうような過ごし方は絶対させるべきではないと思います。

タイトルにしても「僕のなつやすみ」シリーズが夏休みのうちたった1日しか扱わなかったら看板に偽りありでしょうが、この作品は「怪獣が出る金曜日」なので、とても密度の濃い1日を過ごしたというだけで充分成立すると思います。さすがに4~5000円払うゲームとは思いませんが、Guildシリーズの一環としてちょっと新しい切り口と考えればまぁ満足です。
[ 2013/03/20 18:43 ] [ 編集 ]
正直、かなり久しぶりに心の底から(・∀・)イイ!!と感ずるゲームに出会えたと思ったな
こういうゲームがもっともっと世に出てほしい
とりあえず綾部和の名を覚えておきたい
[ 2013/03/20 21:04 ] [ 編集 ]
本編クリアした時点でやめちゃったけど元は取れたと思ったな
[ 2013/04/04 22:13 ] [ 編集 ]
このゲーム、金曜日だけじゃないですよ。エンディング後はすべて翌日の土曜日です。あと土曜日になるとそうたの家のテレビで昨日の番組も見れます。
[ 2015/04/23 22:02 ] [ 編集 ]
なんで一気にクリアしようとするかなぁ...
こういうのはすきま時間にちまちまやって長い期間をかけて進めて行くから楽しいんだろ
一気にクリアまでやるとか暇人だろ笑
[ 2018/06/09 18:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

日本のSIMPLEシリーズ人口
ad by google
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

DAIKAI-6

Author:DAIKAI-6
誰かが言っていた……。
夢見る心は
自由で真っ白なキャンバス
だってな!

連絡用アドレス
daikai10@infoseek.jp

※2chから転載禁止処分を受けた
ブログのリンク・転載は
ご遠慮願います

メールフォーム(意見・連絡等などあればこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
FC2アクセス解析