絶対SIMPLE主義

死力を尽くしてSIMPLEシリーズを応援するブログ

スーファミ発売当時の書籍「緊急レポート スーパーファミコン」のテンションが色々おかしい

IMG_3305.jpg

今日は以前手に入れた「緊急レポート スーパーファミコン」を紹介するぜ!
平成2年の12月25日。スーパーファミコンが発売して一ヶ月ちょっとの時期に
ケイブンシャから発売されたガイド本だ。
これが昔のゲーム関連本らしく無駄にテンションが高いというか、
色々と突っ込み所が多くて面白い本だったのでせっかくだから紹介記事にしたぜ。
さっそく目次から見ていこう。



IMG_3306.jpg

内容は新作ソフトの紹介が中心で、後はマンガコーナーや本体の紹介などだ。
今見るとすごい顔ぶれ。
本体発売一ヶ月でスーパーマリオワールド、F-ZERO、グラディウスIII、パイロットウイングスか。
アクトレイザーとかもあるね。
まだ2Dシューティングや2Dベルトアクションゲームが大人気だった時代さ……。

IMG_3326.jpg

本体の紹介からなかなかテンションが高いぜ。
裏側のピンを使ったのは……結局サテラビューとXバンドくらいだっけ?

IMG_3328.jpg

ファミコンソフトとスーファミソフトのグラフィック比較も。
ファミコン版魔界村は「敵キャラの色も2色くらいしか使っていない」とかかなり辛口である。

IMG_3329.jpg

「ファミコンやっててちょっと残念なのは、シューティングゲームで、
ステージの最後に出てくるボスキャラがあんまり大きくなくて迫力がないことなんだよね」


と徹底したファミコンdis。
そんなことねーし!ヴォルガードIIのボスキャラとか超デカかったし!
チラツキもすごかったけど!

IMG_3308_20130822220856f35.jpg

結局発売されずに後にプレイステーションという名前のゲーム機になった
スーパーファミコン用CDドライブの話題もあったり。
想像図が色々と大雑把過ぎる……。
PCエンジンの最初のCD-ROMを退化させたようなデザインだ。

20130822_49.jpg

マンガコーナーはスーパーファミコンで発売が予定されているゼルダの伝説を予想する内容。
まだ情報が一切出てなかった時期だからかめっちゃフワッとした内容ですな。
商人に騙されて変態扱いとかスーファミの性能まったく関係ないじゃないですか!
「音もグッと良くなり心に響く」って言い回しがなんか好き。

20130822_50.jpg

リンクの冒険ネタやレミングス並みの覚悟を持ったお助けキャラとか色々ひどい。

IMG_3309_20130822221507c80.jpg

こちらはスーパーマリオワールドの紹介ページ。
序盤のステージや敵キャラの紹介があるぞ。

44444444large.jpeg

2回踏めば死ぬ。


なんでこんなに容赦ない説明なんだ……。
「敵さん紹介」とかちょっとマイルドなタイトルなのに!

IMG_3325.jpg

ブルの説明文は普通なのが解せぬ。

IMG_3310.jpg

メーカーへの質問コーナーも。
やたら専門用語を並べた回答だけど本当に任天堂の人なんだろうかこれ……。

larg44e.jpeg


ポピュラスの紹介ページは

>キミも一度くらいは
>「神様になってみんなをいじめられたら…」なんて考えたことあるんじゃないかな?
>このゲームは、そんなキミの願いをかなえてくれるゲームだ。


というひどい決め付けからスタート。
そういうゲームじゃねーからこれ!

large_20130822222212553.jpeg

ぶっ殺す!!

怒りの爆発っぷりが原作より格段にアップしているファイナルファイトのストーリー説明。

44444large.jpeg

超魔界村の紹介ページは少し落ち着けと言いたくなるすごいテンションの高さ。
ライターがファンだったんだろうか。

IMG_3313.jpg

声に出して読みたい日本語。

IMG_3317.jpg

スーファミ版ウルトラマンの紹介ページは
「今、ひそかなブームを呼んでいるウルトラマンがSFCのリアル画面で活躍する」
と、なんか引っかかる書き方。

まあ、当時はウルトラマンの新作もやってなかったし、リバイバル的な扱いだったのかな。

IMG_3318.jpg

「怪獣のソフト人形で遊んでるみたいでスゴク楽しい」はもうちょっと言い方あるだろって思うけども!
最新ハードのスーパーファミコンのゲームなんですよ!
明らかにあんまり面白くないゲームに対して使うセリフじゃないですかそれは!

IMG_3316_20130822222909a0e.jpg

SDザ・グレイトバトルの紹介ページからガンダム。
「ザクがざくざく」だけで満足すればいいのにムリに繋げた結果がこれだよ!

「それが甘ったれだというんだ!」は
微妙に違ってるけどアムロが殴られるシーンのブライトさんのセリフか。
こんなとこから引っ張ってくる辺りガンダム結構好きな人なのかな。
ドムがどむどむとか言っちゃうのもしょうがないよね。

IMG_3319.jpg

「ダライアス2スペシャル(仮)」なる謎のタイトルも。
実際に発売されたのはダライアス2の移植ではなく、
スーファミオリジナル作品のダライアスツインだったな。
情報全然ないけど頑張ってページを作ろうとしてる努力が伺えるぜ。
「これはすごいぞ!」お、おう……。

IMG_3324_201308222239208ea.jpg

これまた無駄にテンションの高い読者プレゼントで本は終わり。
78ページしかないが、良くも悪くもライターの顔が見えやすいというか……。
まあ、スーファミ発売当時の熱が伝わってくる素晴らしい内容の本だったと!
そう言ってもいいのではないだろうか!

とりあえず「スプラッタだぜ!!」と
「怪獣のソフト人形で遊んでるみたいでスゴク楽しい」は俺も使っていきたいと思います。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/22 22:44 ] 書籍レビュー | TB(0) | CM(32)
スーパーファミコンは平成生まれだったのか
もっと古いもんだと思ってた
[ 2013/08/22 23:00 ] [ 編集 ]
最後の読者プレゼントのボンバザルの箇所で
発売元がケコムになってる件
[ 2013/08/22 23:05 ] [ 編集 ]
>最後の読者プレゼントのボンバザルの箇所で
>発売元がケコムになってる件
こんなネタを見逃すとは不覚!
レコムみたいになっとる
[ 2013/08/22 23:11 ] [ 編集 ]
なんか全体的によく知らない人が無理にテンション上げて書いたような印象をうける・・・w
PSの原型がSFCの周辺機器だったって話は聞いたことあったけど、こういうのだったのね
[ 2013/08/22 23:25 ] [ 編集 ]
アーケードにまで逆進出したウルトラマン(SFC)は、ここのタイトル中でも出世頭に近いキラ星だったはずだけど……。
ROMの時点じゃ微妙な出来合いだったのかなあ。

あるいはそもそもROMすら完成してなく、写真とメーカー資料だけを頼りに書かれた結果かね。
もしこの画面写真だけが頼りだと、確かにそこまで面白そうじゃないし。
[ 2013/08/22 23:37 ] [ 編集 ]
こういう昔の書籍を今見るのが大好きです
[ 2013/08/22 23:55 ] [ 編集 ]
ドムがどむどむwwww
[ 2013/08/22 23:59 ] [ 編集 ]
こういう昔の本面白いよね。こういうカタログみたいな書籍最近見ないなあ。

ウルトラマンはコロコロの電脳ボーイってゲームマンガでネタとして使われてたっけ。
最終的にバルタン星人を「ウルトラマンを信じる心→画面から消えるほどの大ジャンプからの急降下キック→スペシウム」って流れで倒した。

胸アツだった。
[ 2013/08/23 01:14 ] [ 編集 ]
ファイナルファイトの記事、なんでコーディが怒ってるのかさっぱりわからないよね
ていうかそもそもコーディの名前が載ってなくて誰この人状態だこれ!?
[ 2013/08/23 01:31 ] [ 編集 ]
当時の熱狂ぶりは異常だったからな~。
私は近所の電器屋…の隣にあった文房具屋で品薄だったスーファミ本体を買ったっけ。
品薄なのが知れ渡ってたから、普段ゲーム機を扱わないような店もバブルに乗っかろうと置いてたのよね。
[ 2013/08/23 01:31 ] [ 編集 ]
元ゲーム雑誌編集の俺だが懐かしいな
当時は画面をキャプチャーする機材が馬鹿高くて
ゲーム雑誌業界では徳間書店しか持ってなかったんだぜ
だから画撮するときはテレビとカメラと三脚に毛布かぶせて
そこに人間が潜って直接画面を撮影してたんだ
ポーズしたときに画面にポーズって文字が出るゲームは
ポーズして撮れないから最悪だったぜ
[ 2013/08/23 01:58 ] [ 編集 ]
ケイブンシャに内定してたけど、大学を留年して入社前にクビになったオレ様が来ましたよ。
入社試験を受けた会議室に「心霊写真」って書かれたダンボール箱が置いてあって、正直困惑したw

ケイブンシャのゲーム本は、とんでもなく雑だったかと思うと、「スポロボを一生楽しむ本」みたいにマニアックだったりと、けっこうあなどれないよね。
ゲーム本以外にも、当時の大百科シリーズとか、とんでもない内容の本がまだまだあるから、発掘しちゃダメだよ。ダメだよ。
[ 2013/08/23 02:57 ] [ 編集 ]
死ぬとかぶっ殺すとか、この手の本のターゲット層を考えると
今では考えられない直球表現w
文面も無駄にハイテンションな所が当時を物語ってるなぁ
[ 2013/08/23 03:54 ] [ 編集 ]
当時のおおらかさが出てるよね
[ 2013/08/23 04:37 ] [ 編集 ]
昔のゲーム関係の書籍って子供に向けて作ってるからか
妙にテンションがおかしいよね
最近こういうノリの本が減っててさみしい。
コロコロ特別編集の攻略本とかも
案外真面目に書いてること多いし
[ 2013/08/23 07:09 ] [ 編集 ]
なんつーか、、、
10分くらいプレイして
文章の勢いのみで乗り切った感がある
[ 2013/08/23 07:15 ] [ 編集 ]
あー…懐かしいねぇこのノリw
俺はSFC世代のオッサンだけど、『FF派 vs ドラクエ派!!』なんてバトルが小学校のクラスで真剣に盛り上がってたなぁw
攻略本の回し読みなんてのもやったっけ…まぁ今の子供たちはググれば一瞬だろうけどw
[ 2013/08/23 08:30 ] [ 編集 ]
色々アレだけど、新ハードのワクワク感が伝わってきていいと思う。
[ 2013/08/23 08:35 ] [ 編集 ]
当時からグラフィックに重きを置かれていた事実。
[ 2013/08/23 08:50 ] [ 編集 ]
最近のはどうだか知らないけど、あの頃のそれ系雑誌とかはコロコロ読者層くらいの男の子を対象としてる感じのテンションを、大人が一生懸命書いてる印象だったなあ。
語尾が必ず「○○だぜーーーッ!」とか、無駄に熱くてくどいw
[ 2013/08/23 10:01 ] [ 編集 ]
みんなこんな感じだったから
一歩引いておちゃらけた感じのファミコン通信は異質で面白かったんだよなあ
中高の部活と大学のサークルの差的な
[ 2013/08/23 11:10 ] [ 編集 ]
※19
そらまあSFCって、主に■のびれいどっと絵を盾に下(FC)にも上(PS始めローポリもの)にも噛みついて、PS2時代までのさばった驚異のグラ厨大量生産しとるし
[ 2013/08/23 15:59 ] [ 編集 ]
当時の撮影環境だと画面がボケるおかげか
昔読んでたこの手の雑誌の画面写真が物凄く綺麗に見えてた
単なる思い出補正だとは思うんだが、
当時雑誌で見た画面写真と
今VCとかで実際に見る画面が違うように感じてずっと違和感がある

グラフィックを売りにするのは当時からっていうか
寧ろ当時の方がその風潮はあったよ
記事にもあるけど色数が増えたとか、でかいキャラが出せるってだけですげーって時代だぞ
[ 2013/08/23 22:00 ] [ 編集 ]
ケイブンシャがファミコン時代に出した書籍はどれも独特の味が合って好きだなぁ

その最たるものが「本来の設定と関係ないケイブンシャ独自のストーリーをでっちあげる」って奴w
ネットだとバンゲリングベイなんかが有名ね
[ 2013/08/23 22:11 ] [ 編集 ]
>グラフィックを売りにするのは当時からっていうか
寧ろ当時の方がその風潮はあったよ

そうだね
どんなクソゲーでもドットが綺麗という理由で
名作扱いするファンが多いからね、SFCユーザーは
[ 2013/08/23 22:21 ] [ 編集 ]
超魔界村はここに掲載されてる写真2枚と、ペラ紙1枚の超簡単な資料しかもらえなくてあんな記事になってるんじゃなかと予想w
[ 2013/08/23 23:04 ] [ 編集 ]
FCユーザーは「最近のゲームのグラsugeee!!」と認めて、
SFCユーザーは「最近のゲームはグラだけだな(キリッ」って語る印象がある
[ 2013/08/24 08:34 ] [ 編集 ]
GBのポケモンの頃までの攻略本はライターの色が出ててよかったなあ
[ 2013/08/24 13:05 ] [ 編集 ]
スーファミって自分より数日早く生まれてたのか。子供の頃やってたがもう少し後に出たものだと思ってた。
にもかかわらず、確かこの本読んだことある気がする不思議。
[ 2013/08/24 16:47 ] [ 編集 ]
ソフトバンクのスパロボ攻略本は五飛にひどいことをしたよね
[ 2013/08/25 17:49 ] [ 編集 ]
懐かしい…この本持ってたなぁ
リンクの漫画とザクがざくざくのフレーズはなんとなく憶えてる
ポピュラスビデオ欲しい
[ 2013/09/21 20:49 ] [ 編集 ]
海外ではスーパーファミコンよりもメガドライブの方が強かった!?
日本ではメガドライブはおろか、PCエンジンまで蹴散らすスーファミだが…、海外では任天堂がスーパーファミコンの開発にモタモタしている間に1989年にアメリカでジェネシス(アメリカ版メガドライブ)、1990年に欧州でメガドライブが発売されてしまい、更に運が悪い事にメガドライブには最強ソフト「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」が発売された事もあって、海外市場でのシェアは1位がSEGA、2位が任天堂、3位がNECという形幕引き…。
[ 2013/10/28 23:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

日本のSIMPLEシリーズ人口
ad by google
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

DAIKAI-6

Author:DAIKAI-6
誰かが言っていた……。
夢見る心は
自由で真っ白なキャンバス
だってな!

連絡用アドレス
daikai10@infoseek.jp

※2chから転載禁止処分を受けた
ブログのリンク・転載は
ご遠慮願います

メールフォーム(意見・連絡等などあればこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アクセス解析