絶対SIMPLE主義

死力を尽くしてSIMPLEシリーズを応援するブログ

PS1「SIMPLE1500 THE スナイパー」レビュー!もはやTHE池田秀一!SIMPLE屈指のカルト作!

2014-11-12_06-43-14.png

SIMPLE1500シリーズ Vol.56 THE スナイパー D3公式

PSストア SIMPLE1500シリーズ Vol.56 THE スナイパー


2001年の3月22日に発売されたSIMPLE1500 THE スナイパーのレビュー行くぜ!
この日付は……なんとサクラ大戦3と同じ発売日である!
定価1500円だが現在はゲームアーカイブスで309円で購入可能だ。

開発はTHE昆虫採集やTHEウォーシミュレーション、THEサバイバルゲームなど
SIMPLEシリーズの中でもなかなか独特の雰囲気を持った作品を多く手がけているベストメディア
ちょっと前は自社で「俺たちのサバゲー」というフルプライスタイトルや、
SIMPLEシリーズっぽい低価格シリーズをリリースしたりしてたが、最近の動向は不明。

本作、THEスナイパーは怪作の多いSIMPLEシリーズの中でも1,2を争うカルト作。
「SIMPLE1500なのに主人公のCVが池田秀一?!」という点で話題になり、
発売されてから内容のスゴさでまた話題になった作品だ。
内容はともかくユーザーのハートを見事に狙い撃ちした結果10万本越えの大ヒットになり、
PS2のSIMPLE2000シリーズで直接の続編である「THEスナイパー2」も発売されたのだ!


2014-11-10_23-26-04.png

THEスナイパーはマフィアに恋人を殺された一人の男
ハリー・C・スペンサー(CV池田秀一)となり、
謎の女C・Aと共にマフィアに復讐をしていくハードボイルドスナイパーゲーム!
最初に書いた通り主人公の声優は池田秀一!
もはや説明不要!機動戦士ガンダムのシャア役であまりにも有名だ!

2014-11-12_07-18-46.png

ゲームはデモと狙撃パートの繰り返しで進行し、
全8話のシナリオには毎回OPとEDムービー、そして次回予告まで挿入されたりと、
一話完結のTVドラマを強く意識した構成となっている。

2014-11-10_23-24-22.png

次回予告ももちろん池田秀一のボイスだ。こちらは第二話の予告。

「俺は一年間必死に訓練を繰り返した。殺された恋人、クレアの復讐のために。
そして俺は戻ってきた……この町に。
ネクストステージ、午後の食卓。君は闇の向こうに何が見える……!」


とかイカしてる!
後半ステージに進むとだんだんテンションが高くなってくるのがいい。
「君は闇の向こうに何が見えるか!」になったり。

2014-11-10_23-23-31.png

余談だがこのTVドラマ的構成は同じくベストメディア開発の
THEウォーシミュレーションやTHEファンタジー恋愛アドベンチャーに引き継がれている。
ムービーだけでなく、オプションの背景や読み込み画面などもなかなかの凝りっぷり。
ジャズっぽいBGMも実に雰囲気にマッチしている。

2014-11-10_23-26-43.png

狙撃パートはジョギングや車での移動や、愛人との歓談をしているマフィア達を探して狙撃。
それぞれ2種類ある狙撃時間と狙撃ポイントを選択してからスタート。
方向キーで移動or照準の移動、L1L2ボタンで通常時の視点移動。

2014-11-10_23-32-11.png

□ボタンでスコープを覗き、ターゲットを探して見つけたら×ボタンでズーム。
R2ボタンで弾丸発射だ。

2014-11-10_23-33-40.png

狙撃が成功するとターゲットの頭に銃弾が突き刺さるシーンを
別カメラから次々に見せてくれる演出が挿入!
大迫力……?の演出だぜ!

2014-11-10_23-22-25.png

ゲームとしてはスコープを覗いてターゲットを探して撃つだけとシンプルなもので、
ターゲットを一人撃ったらクリア。
細かいズームができないため、とにかくスコープを覗いて広い街からターゲットを探し回る作業になるが、
ヒントは教えてくれるし、1ミッションは1分から2分と短いせいもあって難易度はそんなに高くない。

終盤になると捻ったミッションも登場するが、
基本的には銃のクセさえ掴めれば詰まる箇所はほとんど無い。
そう……銃のクセさえ掴めれば……!

そもそもこれは銃のクセと呼べばいいのかどうか分からないが……。
ハリー・C・スペンサー(CV池田秀一)の使っているライフルは
一体どういうライフルだよ?!と叫びたくなるくらい弾速が遅いんだ!
発射された弾丸がトロトロとターゲットに飛んでいくのが視認できるくらい遅いので
移動しているターゲットを撃つ時は動きを先読みするなど少々コツが必要だ。

ホントに、一体どういうライフルなんだこれ……。
続編のSIMPLE2000THEスナイパー2では、
評価システムの導入や難易度の上昇などで狙撃パートの欠点は大分改善されているが、
弾速の遅さだけは何故かそのままだったので作り手のこだわりだと思われる。

グラフィックはなかなか凄い。
狙撃パートの街のグラフィックは縮尺がどこかおかしい上にポリゴンもガビガビ。
車も通行人も不自然なまでに少ないため、まるでゴーストタウン。

2014-11-10_23-27-23.png

空の色もなんだか怪しく、夕焼け空は世界の終わりみたいな色合い。
おかげで街を見ているだけでどんどん不安になってくる。
これは孤独に復讐を続けるハリー・C・スペンサー(CV池田秀一)の
心理状態がそのまま画面に投影されている……と、前向きに後ろ向きな解釈をしたいと思う。

この怪しげな空の色は後にベストメディアが開発する
THEサバイバルゲームやTHE昆虫採集にも引き継がれている。
引き継がなくていいよそんな要素!使ってるグラフィックエンジンの関係かねぇ。

a-P1000001_20090816000441.jpg

街には開発したベストメディアの看板も存在。
THEスナイパーを作ってくれてありがとう!(ズキューン!)

デモでの登場人物のグラフィックも、
PS1でSIMPLE1500であることを考慮してもちょっと……。
魂を吹き込まれたダミー人形が
魂を抜き取られて歩き回ってるようにしか見えない。

ただ、カメラワークや演出など、各所に稚拙ながら工夫が感じられるし、
その間合いを一瞬で詰めるのおかしいだろ?!と言いたくなる、
ハリー・C・スペンサー(CV池田秀一)のマトリックスキックなど見所もあるから結構楽しい
あれは必見だぞ。

2014-11-10_23-25-20.png

肝心のハリー・C・スペンサー(CV池田秀一)の
口パクとセリフが丸っきり合ってなかったりもするが。
これは海外ドラマの吹き替えを再現しているんだと思おう。
え?じゃあハリー・C・スペンサー(CV池田秀一)以外の登場人物には
そもそも口パク自体が無いのはどういうことかって?
そんなことを俺を聞かれても困る!

ストーリーはこれまた凄い。
こういう復讐をテーマにしたゲームだと
「復讐は復讐しか生まない!」みたいな展開になりがちだが、
特にそういうことも無く、
ハリー・C・スペンサー(CV池田秀一)の独白が延々と続きながらシナリオが進んで普通にEND。
そもそも敵対するマフィア連中のセリフが一言たりとも存在しないというのがまた潔し。

ラストのトンデモ展開含めて、いい意味で何も考えてない展開が炸裂だ。いい意味で!
ハリー・C・スペンサー(CV池田秀一)の長い独白と
宝石のように散りばめられた名(迷?)セリフの数々を堪能するつもりでプレイすればかなり楽しい。

池田秀一の演技の素晴らしさと、
「ああ!池田秀一を起用した段階で声優の予算尽きたんだな!」
と、一瞬で察知出来るそれ以外の声優の演技との格差がまた凄い。熱湯から南極へ。
ラストの脱力っぷりもすげぇぞ!

2014-11-10_23-24-07.png

隠しモードも遊び心が感じられていい。
2週目に入るとセーブデータに「再放送」の文字が追加され、
さらに3周目に入ると……。

2014-11-12_06-35-19.png

君は見たか!「THE ALIENS」のタイトルロゴを!

2014-11-12_06-38-16.png

3周目でニューゲームを選択するとまさかの「異星人編」がスタート。
最初のストーリー説明も変化している!

2014-11-12_06-40-26.png

ターゲットは一見すると普通の人間だが……。

2014-11-12_06-40-45.png

ズーム操作をすると特殊スコープになり正体判明!なんとタコの宇宙人!
正体見たり!外道照身霊波光線!
火星人だーーー!誰が火星人やっちゅうねん!

あくまでもおまけモードなので
ハリー・C・スペンサー(CV池田秀一)の語りなどが一切無いのが残念。
これでボイスやちゃんとしたシナリオがあったら最高だったのになあ。

1時間かからずにクリア出来るボリュームの無さ、
グラフィックのショボさ、ゲーム部分の内容の薄さ、ストーリーの凄さなど、
ゲームとしては明らかにデキが悪いと言えるんだが、
稚拙ながら凝ろうとしている演出やカメラワーク、B級洋画的な雰囲気、
脱力モノのラスト、随所に感じられる遊び心、そして池田秀一の語りで大体許せてしまう
演出とかBGMはホントに結構カッコ良かったり。

いいゲームとは言い難い1本ではあるが、
作り手のこだわりややりたい事は伝わってくるし、ネタ分も豊富で憎めない内容。

豪華声優陣をウリにしたSIMPLEシリーズは意外と多かったりするんだが、
THEスナイパーはそれらと比べても雰囲気作りと声優の活用っぷりが別次元。
あらゆる意味でチープで、本来ならばただの駄作で終わってしまいそうなのに、
「CV池田秀一」を基盤にして完全に独自の世界観を構築してしまっている。

もはやTHEスナイパーなのかTHE池田秀一なのか分からないほどに濃い内容。
いや、THEスナイパーであり、THE池田秀一でもあるということだな……!
聞いたことも無い様な洋画をレンタルしてきたつもりで深夜に遊ぶと変に面白い。
オススメのゲームとはいい難いが、今改めて遊ぶ価値はある1本だと断言しよう!

IMG_0828.jpg

ちなみに今は亡きゲーム雑誌「コンティニュー」でSIMPLEシリーズ特集を行った際には、
なんとこのTHEスナイパーを製作したベストメディアの直井清剛氏へのインタビューも敢行!
池田秀一を起用した理由については「素直にシャアを使いたいなあ、と(笑)」と超ストレート。

ベストメディアは元々録音スタジオをやっていたので声優方面のツテがあり、
裏技を使って2つか3つの関門を突破したとか、
声優は池田秀一か小林清志のどちらかで考えていたとか、
THEスナイパー2はファンからの熱い要望で実現したとか、短いページながらも貴重な話題が満載。
3はありえるのかという質問に関しては

「ええ、最初から3作目まで考えていました。
あとは時代を『1』の前にさかのぼって、ハリーが町を出る前のエピソードとかもアリですね」


と、やる気マンマン!最初から3部作の予定だったとは!

SIMPLE1500THEスナイパーが発売されて13年。
コンティニューでのインタビューは2003年なのでそこから既に11年。
THEスナイパー3は未だその姿を見せることはなく、
かつては多くのSIMPLEを開発したベストメディア自体も
現在はソフトの自社開発&自社販売を行っておりD3との仕事はまったくしていない。

だが俺は信じたい。
1998年にTHE麻雀でデビューし、2014年現在もWiiUやPS4、3DSやVITAなど
ゲーム業界の最前線で活躍するSIMPLEシリーズが不滅なように、
THEスナイパーもまた不滅なのだと。
いつかまた、俺達の前に元気な姿を見せてくれるはずだと。

最後に、ハリー・C・スペンサー(CV池田秀一)のお馴染みのセリフでお別れしよう。


君は闇の向こうに何が見えるか!





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
これのゴーストタウンっぷりはノーモアヒーローズにも受け継がれてるね(関係ない)
[ 2014/12/04 20:17 ] [ 編集 ]
続編のTHEスナイパー2ではTRPG関連を主とするフリーライター・田中天が敵役のボイスを当てている、と言うのが一部界隈で有名な作品。
[ 2014/12/04 20:34 ] [ 編集 ]
結構面白そう。
そういやアーケードでゴルゴ13の狙撃ゲームが有ったけどめちゃめちゃ難しかったなぁ。
[ 2014/12/04 21:18 ] [ 編集 ]
レビュー乙。

これはかなり惹かれる感じだw
三枚目のSSに写ってるのが主人公なのかな?PS時代のポリゴンは荒すぎて性別がよくわからん
[ 2014/12/04 21:38 ] [ 編集 ]
敵全員田中天なのってこれだっけ?
[ 2014/12/04 21:46 ] [ 編集 ]
3部作構想が2部で力尽きる
エストポリス伝記やらクオヴァディスが思いつくが
これもそうだったのか
[ 2014/12/04 22:07 ] [ 編集 ]
なお、雑魚CV田中天という斜め具合
[ 2014/12/04 23:26 ] [ 編集 ]
確かスナイパーってレビュー書くの3回目のはずなのに、なんでこんなオモロイのwww
[ 2014/12/04 23:42 ] [ 編集 ]
こういう一発ギャグ的なネタゲーが許されるのも、simpleシリーズの良さだよなあ
6000円7000円払ってこの内容じゃ許されないけど、1500円なら2~3時間楽しく遊べただけでも、まあいいか、となりやすい
[ 2014/12/05 04:25 ] [ 編集 ]
ダミー人形のくだりはずるいわ

どう考えてもクソゲーなのに変に盛り上がるんだよな
(プレステはそういうゲーム多いけど)
やっぱりカルト映画的なシンプルさかねぇ
[ 2014/12/05 05:42 ] [ 編集 ]
再放送というのはとてもいいセンスだなぁ
[ 2014/12/05 06:52 ] [ 編集 ]
全てがテレビドラマ仕立てになってるとかそういうセンスはとても好きだった
[ 2014/12/05 11:39 ] [ 編集 ]
ノットトレジャーハンターと並ぶ聖典
[ 2014/12/05 13:00 ] [ 編集 ]
THE池田秀一と言い換えると欲しい気がしてくる不思議
[ 2014/12/05 18:05 ] [ 編集 ]
田中天は2作目な。
スタジオで見学したら池田秀一直々に声をかけられたと言う嘘のような本当の話。
[ 2014/12/05 21:09 ] [ 編集 ]
再放送だとなぜか金髪になっているハリー
[ 2014/12/05 23:25 ] [ 編集 ]
>火星人だーーー!誰が火星人やっちゅうねん!
デストロイオールヒューマンズのローカライズ版のネタかな?
ボリュームは少なめだけど、アレもネタ要素てんこ盛りだったよね
ネタゲーは面白いが、ボリュームやゲーム内容を考えると購入を渋ってしまう
そんな理由から興味あったけどスナイパーも未プレイ
でもレビュー見てたらやりたくなってきた…
[ 2014/12/05 23:47 ] [ 編集 ]
ラー油さんの記事見てPSNで購入しました。
L1L2で視点を上下する操作方法が地味に衝撃的です。
[ 2014/12/06 02:47 ] [ 編集 ]
THEスナイパー3よりTHEスナイパーレビュー3の方が先に出てしまったのだな…
[ 2014/12/07 03:33 ] [ 編集 ]
なんか前もベストメディアが関わったゲームの記事で書いたかもしれないけど
プログラムとかの開発はソル (主要スタッフは後にクロスロードを設立)で
ベストメディアは企画制作担当です。
他のソル開発で有名なのは鈴木爆発とか。FC/SFC時代もタイトーとかバンダイ系の下請けやってたらしいですが。
[ 2014/12/12 21:11 ] [ 編集 ]
>なんか前もベストメディアが関わったゲームの記事で書いたかもしれないけど
>プログラムとかの開発はソル (主要スタッフは後にクロスロードを設立)で
>ベストメディアは企画制作担当です。
>他のソル開発で有名なのは鈴木爆発とか。FC/SFC時代もタイトーとかバンダイ系の下請けやってたらしいですが。
なるほど…
[ 2014/12/12 22:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

日本のSIMPLEシリーズ人口
ad by google
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

DAIKAI-6

Author:DAIKAI-6
誰かが言っていた……。
夢見る心は
自由で真っ白なキャンバス
だってな!

連絡用アドレス
daikai10@infoseek.jp

※2chから転載禁止処分を受けた
ブログのリンク・転載は
ご遠慮願います

メールフォーム(意見・連絡等などあればこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
FC2アクセス解析