絶対SIMPLE主義

死力を尽くしてSIMPLEシリーズを応援するブログ

3DS「大逆転裁判」レビュー!キャラとテキストは良いが……暗雲立ち込めるシリーズ新章!

IMG_0849_20150803001704f63.jpg

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-のレビュー行くぜ!

CAPCOM:大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- 公式

大逆転裁判は2015年7月9日にカプコンから6264円で発売された3DSソフト。
探偵パートで証拠を集めて事件を調査し、裁判パートでそれを元に無罪の被告人を弁護する!
裁判を題材にし、かつコミカルで勢いのある作風が人気のADVシリーズ最新作である。

シリーズの生みの親であり、逆転裁判1~3で企画、シナリオ、ディレクターを務め、4では原作と総監督。
レイトン教授vs逆転裁判でもシナリオを担当した
あのタクシューこと「巧舟」が再びディレクターを務めている作品だ。

今回は現在や近未来ではなく19世紀を舞台にした新シリーズで、
これまで主人公を務めてきたナルホドくんの先祖である「成歩堂龍ノ介」が活躍するというシナリオとなっている。
過去作をやってない人も入りやすい1本だろう。

逆転裁判シリーズは全部やってて好きなので、
ソフトもカプコン通販の一番高い限定セットを買うくらい期待していたんだが……。
タイトルは「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介 最初の冒險-」とでもするべきでしたね!



IMG_0666_20150803013240529.jpg

大日本帝国の学生である「成歩堂龍ノ介」がとある事件をきっかけに留学生として大英帝国へと赴き、
弁護士として様々な事件に立ち向かうゲーム内容。

IMG_0669_20150803013945d2d.jpg

あのシャーロックホームズを初めとする個性的なキャラもゾクゾクと登場する。
19世紀当時の倫敦の雰囲気も満点。

IMG_0856.jpg

IMG_0858_20150803231725bed.jpg

ゲームとしては最近ではすっかり少なくなってしまった昔ながらのADV。
画面をクリックして証拠品を集めたり、登場人物に聞き込みをしたりして事件を調査。
シナリオが進行すると裁判が始まって、
そこでは手持ちの資料と証人のコトバを照らし合わせ、おかしな点を見つけたらどんどん揺さぶる!
ムジュンを見つけたら叩きつける!こうやって真実に辿り着き、依頼人を無罪にしていく内容だ。

一度調べた場所にはチェックがつくし、
次に行く場所もそれとなくヒントが出たりと親切な作り。

舞台は霧の都!倫敦だ!
19世紀当時の文化を交えた空気感が凝っていて実にイイね。

IMG_0741_20150803021735fe0.jpg

今回素晴らしかった点はテキスト。
キャラ同士の会話や、何かを調べた時のちょっとした文章までとにかくキレ味が凄くて、
割とどうでもいいような描写や、失敗した時のピント外れなセリフでも笑わされてしまう。

タクシューが関わっていない逆転裁判5や逆転検事2も凄く好きなんだけど、
大逆転裁判をプレイするとやっぱ本物は違うな……!と感じてしまうぜ。

いつも以上に3D空間や3Dキャラをグリグリ動かして証拠を探す場面が多くて楽しかったし、
立体視のつけ方も見事でここはさすがにシリーズを重ねてるだけあるなと思った。

IMG_0713.jpg

キャラのモーションも磨きが掛かっていて見ていて楽しいキャラばかり。
外せないのは夏目漱石さんだろう。キレッキレ過ぎるよ!
俺も夏目漱石さんを見習って「 双 葉 理 保 ッ!」とかやっていくべきだな……!

今回は登場キャラの「目の演技」を凝っている場面が印象的だったなあ。
緊張してるナルホドくんの目の泳ぎっぷりとか、あのより目とか。
ここも3Dキャラならではの表現かな。

IMG_0853.jpg

逆転裁判シリーズは個性的な登場キャラが次々に登場するところが魅力でもあるんだが、
シリーズを重ねるごとに「個性的」を通り越して「ギャグマンガ」になってるキャラが増えてきてて、
嫌いじゃないし面白いんだけどさすがに少しクドい!面白いんだけども!と思っていた。
ビヨウインさん好きなんだけども!

IMG_0854_2015080301300106e.jpg

IMG_0850_20150803013000507.jpg

今回はそこら辺もいい感じにリセットされていて、
19世紀っぽさがありつつも個性的で印象に残るキャラデザになっている。
ここはかなり気に入っている点だぜ。
まあ1章のあの人はギャグマンガではあったが!

IMG_0726.jpg

登場キャラで好きなのはやはりシャーロックホームズ。

「天才なので真実に最速で辿り着くけど途中の式が斜め上」

というキャラクターで、行動や発言のハチャメチャっぷりがとにかく楽しい。
現場を調べてる時に、ホームズくんが画面の隅にいるだけで笑えるからずるい。

IMG_0735.jpg

このバカにした笑い方が最高。

IMG_0725.jpg

そのホームズの展開する、答えだけは合っているトンデモ推理の途中式をちょっと修正して、
キチンとした推理にする「論理と推理の実験劇場」が今回の新システム。

ドヤ顔でカッコいいBGMと共にピント外れの推理を展開するホームズくんの横から、
なんかナルホドくんがノリノリで割り込んできて一緒に推理するビジュアルが楽しい。
3D空間を動かしながら、間違った名推理を正しい名推理に修正していくのは色んな意味で斬新。

ホームズははた迷惑な変人だが、そこは「かの有名な名探偵」なので根っこは非常に有能だし、
決めるところではビシッとカッコ良く決めつつ、主人公であるナルホドくんをしっかりと立てる名キャラだぜ。

IMG_0719.jpg

シャーロックホームズといえば欠かせないワトソンも登場するが、なんと10歳の女の子!
アイリス=ワトソン!
まあ三国志の武将が女体化されてるゲームが珍しくない昨今では、このキャラも珍しくないかもしれんが……!

小説の「シャーロックホームズ」はこのワトソンが描いているという設定で、
ホームズ以上では?!と思わせる天才っぷりと可愛さが魅力的だが、
年相応の顔を見せる時もあってそこがグッと来る。

IMG_0743_20150803072149dcd.jpg

法務助士としてナルホドくんをサポートする、
一応今回のヒロイン?な御琴羽 寿沙都(ミコトバ スサト)さん。
イカニモ、日本の大和撫子といった出で立ちと性格なんだけど、
ちょいちょいすっとぼけた会話を挟んで来る。
懐から本を取り出してパラパラめくる仕草とガッツポーズがめっちゃ可愛いんですよ。

IMG_0737.jpg

落ち着いてからのナルホドくんとの掛け合いはなかなかの安定感。
まあ、たまにナルホドくんが死に掛けたりするが……!

IMG_0857.jpg

ナルホドくんの親友である亜双義一真(アソウギ カズマ)の熱さも実にイイ。
常にハチマキが風になびいているのが完全にギャグなのに妙にカッコよく見えてしまう。

レイトン教授vs逆転裁判でも担当した北川保昌と前馬宏充によるBGMも絶品で、
まさに新章開廷!というスケール感。
お気に入りはやはりアレグロ、追求、異議あり!辺り。ここは過去作でもハズレ無いな。
今回、追求はここぞという場面以外で流れないところがむしろ良い。

キャラ、音楽、テキスト良し。
これまでとガラリと変わった世界観も良し……。

IMG_0694_20150803234914b4c.jpg

そんな本作だが難点も山盛り!
まずはなんと言っても未完結で終わってしまうところだ!

最後の事件で重大な謎が1つ残ってそれで続編に…!とか、
新キャラが少し顔を出して次回に引き…!とかならまだしも、
とにかく「あれもこれも続編にぶん投げる気かよ?!」ってくらい、
キャラもシナリオも各方面に渡って持ち越し伏線だらけなので印象が非常に悪い。
完全に前後編の前編だけを遊んだ気持ちだ。

IMG_0731_20150803233624bfd.jpg

特に今回のライバル検事であるバンジークス検事はこの構成の最大の被害者。
キャラの掘り下げに関わってくる要素をすべて謎として続編に持ち越してしまった上に、
ダメージ描写も薄く、割と協力的な態度も見せるしで、
対戦相手としてはめちゃくちゃ薄いキャラになってしまった。

法廷でワイン飲むわ、形勢が不利になってくるとワインの瓶を傍聴席に投げたり、足を投げ出したりと、
どんどん態度が悪くなってくるところは面白かったんだけども……。

IMG_0690.jpg

マント開いた瞬間に攻撃したらダメージ与えられそうなこのポーズもお気に入り。
「本当に、生命を吸い込まれそうな“闇“の冷気をまとっている…」って検事を表現する説明じゃなさすぎる!

ただ、面白いのはそこくらいで、
正直言ってライバルキャラとしては逆転裁判4のガリュー検事の方がまだマシかもしれん……。
長所と短所の両方が「話の分かるイケメン」なガリュー検事。

逆転裁判シリーズといえば
証言のムジュンをビシバシ指摘して真犯人を法廷まで引っ張り出し、
決定的な証拠品をくらえ!と叩きつけて無罪獲得やったああああああああああああ!!
という爽快感が一番の魅力だったんだけど、なんと今回、そういう要素が非常に薄い!
「大逆転裁判」なのにいつもより逆転する爽快感が薄い!

4話なんかは依頼人である夏目漱石さんのキャラもあってなかなか良かったんだが、
他のシナリオとのバランス考えるとこれももうちょっとスカッとさせて欲しかった。

IMG_0847.jpg

新たに導入された陪審員システム。
シナリオが進むと陪審員全員が有罪判決を下してしまうので、
最終弁論を行って説得する必要がある。
ここでは複数の陪審員の意見を聞いてムジュンした意見同士をぶつけ、
陪審員を説得していくという、
レイトン教授vs逆転裁判でもあったシステムを更にブラッシュアップしたものなんだが……。

「最終弁論」なのに1回の裁判の間に複数回挟まれるせいでどうにも緊張感に欠けるしテンポも悪い。
陪審員もさすがにコロコロ意見が変わりすぎかなと……。

また、無作為に選ばれたという前提がある陪審員から
重要すぎる情報がザクザク出てきてどうにかなる展開が多くて、
ここは過去の逆転裁判シリーズよりも更にご都合主義に感じてしまったな。

逆転裁判シリーズはシリーズを重ねるごとに1話の長さがどんどん長くなってきていて、
ここはもうちょっとコンパクトにして欲しいと常々思っているんだが今回も変わらず。
特に1話は軽いチュートリアルのはずなのにシリーズ屈指のテンポの悪さで、
真犯人の粘りっぷりにはただただウンザリ。そしてあのオチである。シリーズでもワーストの1話だぞこれ!
何がビフテキだバカバカしい!おいしそう!

IMG_0695_20150803070611bb6.jpg

デキが悪いわけじゃないし、良いところも一杯ある。
個人的には並以上には楽しめたんだが、
やっぱ売り方にもシナリオにもどうにもモヤモヤが残る内容だったな……。
じっくり描いてるだけあってナルホドくんの成長っぷりは悪くないし、
メインキャラが出揃う辺りから面白くなってくるのにいいところで終わってしまう。

「未完結」「逆転裁判シリーズなのに爽快さが薄い」
っていう1つでも賛否分かれそうなことを2つもやってるのが辛いとこだね!
続編は買うから次は頼むよ……。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/08/04 00:00 ] 3DSレビュー | TB(0) | CM(32)
物語として引っ張るどころか証拠品として登場してムービーも一本あるのに次にスルーされたバスカヴィル家の犬はあんまりでしたよ…
酷評を各所でわりと見てそこまで酷くないと言いたくなるんだけども、未完、テンポが悪いとこがある、カタルシスが薄いの不評ポイント三本柱がまったくその通りなので辛い
音楽や雰囲気作りが良かったとか言うとクソゲーに良くあることとか言われそうで・・・
1作目が「冒険」なら2作目は「最後の事件」を収録した「思い出」ですかね。ホームズ的に
[ 2015/08/04 00:16 ] [ 編集 ]
せめて続き物の第一作ってことぐらいは明示しとけばここまで叩かれんかっただろうに
特にホームズ読んだことなければ、サブタイトルが「~の冒険」ってだけでそれを察知するのは不可能だろうし

シナリオや音楽はともかく、メインキャラ評はあまりラー油に同意できないかな……
ちゃんと好きになれたキャラ少ないわ、特に女性陣
サブキャラは面白いのも割といるけど、シリーズ他作に優るレベルって訳でもない
[ 2015/08/04 00:57 ] [ 編集 ]
どの話も後味がなんというか、スカッとしないというか……
ずる賢くてしょーもない、同情の余地が一片もなくて直接叩きのめすことができるような犯人がいれば良かったなあ
[ 2015/08/04 01:02 ] [ 編集 ]
良い面も悪い面も同意できるレビューですね・・・
真相聞くとモヤモヤするような事件ばっかりだからホームズが本当に清涼剤すぎて
事件の流れも違和感あるところがちょくちょくあって、そっちの面でもモヤモヤ
推理劇場は二人がかりでドヤ顔名推理するあたり凄く楽しかったんですけど、法廷パートより探偵パートのほうが楽しいというのもなんだか寂しいです
ホームズをメインにした逆転検事的なスピンオフ出ないかなと思わずにはいられませんでした、でもこの人脇役だから輝くタイプですよね
[ 2015/08/04 01:03 ] [ 編集 ]
賛否両論はわかるしケチをつけるなとも言わないけど
分割商法でボリュームが少ないかの如く騒いでる人達は確実にエアプ
とりあえずこれだけは声を大にして言えるw
[ 2015/08/04 01:55 ] [ 編集 ]
このゲームの開発費と工数を100としたら
新しい下地と新素材と新システムを練り上げるのに90使って
それらを使ってゲーム1本の形にするところに10って感じがした
[ 2015/08/04 02:48 ] [ 編集 ]
GBAの初代から信者やってる自分としても、同意できる点の多いレビューでした。いい所いっぱいあるし世間で言われてるほど悪くないよ!と擁護したい一方で、モヤモヤも残る、みたいな…

テキストは本当に素晴らしい切れ味だし、モデリング班もモーション班もいい仕事し過ぎだし、立体視のデキも使い方も3DSソフトトップクラス。
だけど、爽快感がイマイチなのと、全力で伏線を乱射しながらエンディング突入は、やっぱりいただけないですよねー。ラスト間際で投げられた数々の謎に、「これはシリーズ初の◯章突入!?」とワクワクした期待感を返せ!と言いたくなりましたw

とにかく、続きを早く!ですね!
[ 2015/08/04 03:11 ] [ 編集 ]
3話までまったく面白くなくて、どうしようこれと思っていたところに
夏目漱石は本当に救われた
ただ、印象がよかったのはそこだけ
事件はどれもつまらないし、爽快感もないしと逆転裁判を期待してたが残念だった
エンディングでは久々に最悪の気分味わった
[ 2015/08/04 04:18 ] [ 編集 ]
途中までしかやってないけど、
スサトさんが可愛いので
自分的にはヨシ。
[ 2015/08/04 04:57 ] [ 編集 ]
「モーションが良い」だけで買いそうになったが
「長い」で続編が出た時のセールでDLする方針に決定した。
おれは2の時点で既にしんどかったよ・・・・。
[ 2015/08/04 07:35 ] [ 編集 ]
多分、ランドストマガジン最終号で「続編製作決定!」って発表するんじゃないかな
[ 2015/08/04 08:33 ] [ 編集 ]
個人的にはそこまで未完結で駄目駄目だって程でもなかったですが、あれとかこれとかそれとかが次回作回しなのは確かですしね…
最初から第1章として売るべきだったのは間違いないですね

あとレビューでは触れられて無かった点としては、小説のホームズを知ってるとニヤリと出来る小ネタがちょくちょくあったこととか
まだらの紐の正体候補に憤慨するホームズさんは見もの
[ 2015/08/04 08:49 ] [ 編集 ]
いつもならここで最終話なのに終わる気配がないぞ・・・?
→伏線だけ残して終わりやがった!?
がクリアした時の感想
続編も当然買うつもりだけど今回DLCはスルーしますわ
[ 2015/08/04 09:42 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/08/04 09:47 ] [ 編集 ]
プレイ時間見ると自分の場合はレイトンvsや5よりも長くなってるんですけど、
内容が伴ってない気がしました。
123だけでいうと、まだひっくり返すの?また?もうないよね、あるの?
みたいなくどさが、確認が多いだけのかったるさに思いました。
調べて証拠集めがすこぶる弱かった気がします。
新米だから時代が追いついてないからなのかもしれませんが、
周回プレイものぞめなくてこの価格設定だと満足度としては高くなかったです。
[ 2015/08/04 09:53 ] [ 編集 ]
みかんw

Journey through the Decade...
[ 2015/08/04 16:04 ] [ 編集 ]
俺もクリア済みで楽しかったんだが、
上の指示のせいで失敗した「4」をまたやった、って感じがするな
 4(成歩堂入れろ、裁判員制度入れろ)
 大(裁判員制度を入れろ、3部作とかに分けろ、その情報隠せ)
っていう…
レイ逆の集団尋問はめっちゃ楽しかったし今回も面白かったんだけど
あのまま証人が複数いるだけでよかったのにわざわざ陪審員化してるし…
頑なに裁判員制度入れようとしてる奴が元凶だわ、昔なんだから無くていいのに
[ 2015/08/04 16:51 ] [ 編集 ]
未完であることを除けばわりと面白かっただけに、
せめて事前告知してくれてればなぁ…という気分に

- - 2015年08月04日 16:51:55
昔なんだからも何も、昔だからこそあるんじゃ>陪審員
最終弁論中に検事が混ざれなくて、検事の印象の薄さの一因にもなってるから微妙ではあるけど
[ 2015/08/04 19:51 ] [ 編集 ]
思い出補正がないようにさっきまで「はじめての逆転」をチェックしてたんだけど
やっぱり導入うまいし、展開にスピード感あるし、逆転劇の達成感がたまらないんだよなあ。
一つの証拠品に複数の意味を持たせてるのも良い。
ただ、タクシューのテキストのセンスは今のほうが研ぎ澄まされてると思う。
大逆転の問題点はシリーズ化前提なら先に言っとけよってのはごもっともなんだけど
それ以上にシナリオが弱いし、ストーリーにいわゆるカタルシスがない。
ラストも例えば一応、大団円っぽく見せたところで本来なら第二話の被害者だったあの人を、そこで何者かにアレさせて強い引きにするとか色々やり方はあったと思うのですが。
あのテンションで次回作は早くても来年ですよね?
いや年内に出しますっていわれたら、それはそれで待てコラってなるけど。
確かにこれは雲行きが。
[ 2015/08/04 20:58 ] [ 編集 ]
逆転裁判シリーズの凋落って、上層部の口出しでメチャクチャになった4ではなく、新ストーリーを追加した初代のリメイクが発端じゃないかな…って最近思うようになった。新ストーリーがなくても「検事は有罪を下すだけの存在なのか?」という疑問を御剣に持たせる展開が初代のシナリオの中にちりばめられているし。
宝月姉妹の事件の真犯人の動機も今までのストーリーにしては不明瞭。本音と建前で苦しんでいたといえばそれまでだけど、「証拠や証言のねつ造は必要悪」って開き直っているところが何とも…
[ 2015/08/04 22:15 ] [ 編集 ]
逆転シリーズ気になってはいたけど今までプレイした事が無く、大逆転の世界感(古き良き時代的な)・設定が面白そうなので購入しましたが、まだ五話の途中で問題になってる最終話までいけてませんが今の所楽しく進められていますね。
一話一話の話がちょっと長めだなーっとは思いますが、プロローグやアニメが途中にはさまれているのも楽しみであり、演出やキャラクターの独特な動きが面白可笑しく良い作品だと思っています。ただ二話の被害者があっけなく、もっと出てきてもよかったんじゃないか?と納得がいかない部分もありました。
[ 2015/08/05 01:24 ] [ 編集 ]
告知なしの未完ENDが全て台無しにした点以外は、歴代で一番好きかもしれない。
確かに検事と戦ってるというより、陪審員の説得大会でその司会進行が裁判長&検事という感じではあるし、
相変わらずシリーズを重ねる毎にどんどん逆転の鋭さが失われていくのは泣けるのだけど。
[ 2015/08/05 03:08 ] [ 編集 ]
このシリーズよく知らんのですけど
ダメージ描写ってなんですか?
[ 2015/08/05 12:15 ] [ 編集 ]
>このシリーズよく知らんのですけど
>ダメージ描写ってなんですか?
ムジュンを突っ込まれたり、決定的な証拠を突きつけられた犯人が
凄い勢いで吹っ飛んだり叫んだりする描写のことをダメージ描写って呼ばれとります。
[ 2015/08/05 13:10 ] [ 編集 ]
投げっぱなしのエンディング自体は事前に聞いてたこともあってそれほどがっかり感はなかったけど(擁護するわけではない)、裁判の爽快感のなさだけはいかんともしがたい…
第1話の最後の方で死因に関する証拠品が出てくる流れとか本当ひどかった
とにかく「事件に直接関係ないはずの証人が頑なに嘘をつく理由」とか「訳の分からなかった証拠品に隠されていた重大な意味」とかの、裁判を「逆転」に導くための要素がなさすぎる
一つの証拠品だけで簡単に予想がつくことを尋問どころか最終弁論にまで引っ張るからテンポが悪くなってるように感じる

とはいえそういう理屈抜きでなんだかんだ楽しめたのも事実だしエンドクレジットの演出も好きだし残った謎も気になるし、いろいろ改善された続編に期待したい…
[ 2015/08/05 15:00 ] [ 編集 ]
なんとなく続きをDLCで出しそう…でDLCで解決するどころか謎を増やして続編に投げると
今のカプコンならそれぐらいやるはずだ
[ 2015/08/06 01:45 ] [ 編集 ]
3話までチュートリアルみたいな話が続いて
3話はいいけど4話がいまいちな話で
ロンドンの生活が始まったばかりの5話で終わりだから盛り上がるとこが薄い
裁判と捜査一日ずつだし、しかも片方しかない話が多いからボリューム的にも足りないなぁ
話的にもこじんまりとした話が多くて、ビックリするような展開もないから正直いまいち
[ 2015/08/06 17:40 ] [ 編集 ]
全く同意
読んでいてすごく共感できました!
いいんだけど、わるいっちゃわるい感じ。
単純に続編に期待します。
[ 2015/08/10 01:37 ] [ 編集 ]
先日漸くクリアしたのでレビューやコメントを読んだけど意外と評判悪いんだな
個人的には逆転裁判シリーズはテキストとキャラが最大の魅力で『大逆転裁判』はそこに関してはシリーズ屈指だったのでかなり満足度が高かったよ

色々な謎を残しているのも「次回作が出るのだな」と寧ろ楽しみになったな。これで2年以上待たされたら怒るけど。
[ 2015/08/19 08:49 ] [ 編集 ]
ここでする話ではないかもしれないけど、強制終了してしまう現象がありますね。第二話でニコミナのトモダチを指摘する場面において、スライダーで視点を右に動かすと見える、帽子掛けの上あたりの壁にカーソルを持っていくと現れる『厚手の帽子』?(描かれていません)をつきつけるとエラーが出て、ゲームが終了します。
[ 2015/08/28 03:28 ] [ 編集 ]
個人的に良かった点をあげると
世界観・雰囲気・キャラ(ヒロインは少しキャラ的に弱いかなとも思うが)・BGMってところか
ホームズ好きなもんで推理パートは楽しめたが肝心の法廷パートが苦痛だった
あと日本を飛び出して話のスケールでかくなるのかとwktkしていたのに
いざプレイしてみると一話一話がこじんまりしてて拍子抜け
まるでジャンプの打ち切り漫画のような終わり方にはポカーンでしたわ
クソゲーとまでは言わんが予告PV見ながら今か今かと発売日を待ちわびてた身からするとガッカリゲーって感じかな
[ 2015/09/19 18:23 ] [ 編集 ]
前々作あたりからテンポの悪さと簡単過ぎる謎解き(?)がツラくなってきたかな

[ 2015/09/24 16:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

日本のSIMPLEシリーズ人口
ad by google
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

DAIKAI-6

Author:DAIKAI-6
誰かが言っていた……。
夢見る心は
自由で真っ白なキャンバス
だってな!

連絡用アドレス
daikai10@infoseek.jp

※2chから転載禁止処分を受けた
ブログのリンク・転載は
ご遠慮願います

メールフォーム(意見・連絡等などあればこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
FC2アクセス解析