絶対SIMPLE主義

死力を尽くしてSIMPLEシリーズを応援するブログ

VITA「世界一長い5分間」レビュー!勇者がラスボス前で記憶喪失!ちゃんと懐かしさがあるレトロ風アドベンチャーRPG!


2016-08-14-144859.jpg

世界一長い5分間|日本一ソフトウェア


ついに日本一ソフトウェアが世界一なゲームを作った!
世界一長い5分間のレビュー行くぜ!


メーカー:日本一ソフトウェア
機種:VITAパッケージソフト
ジャンル:アドベンチャーRPG
発売日:2016年7月28日
価格:3980円(ダウンロード版は2857円)

開発はスマホで独特なタイトルを配信しているSYUPRO-DX。
文字を読み進めて選択肢を選んでいくADVパートと、
ファミコン時代を思わせる2DのRPGパートを交互に遊ぶ形式のアドベンチャーRPGだ。
ここ数年で数が出過ぎて、もはや懐かしくもなんともなくなってしまった懐かしのレトロ風ゲーム。

2016-08-04-041417.jpg

物語はいきなり勇者である「バック=フラッシュバック」が魔王と戦うラスボス戦からスタート!
しかし仲間と旅をしてついにここまで来たはずの勇者がいきなりこのタイミングで記憶喪失!
自分が誰なのかも分からない状態で戦闘は不可能。
仲間が頑張って時間を稼いでいる間にこれまでの思い出を取り戻していく!という内容である。



2016-08-04-042515.jpg

魔王との戦いが終わるまでの僅か5分間で、
勇者はこれまでの長い道のりをすべて思い出していく……世界一長い5分間!

2016-08-04-042445.jpg

テキストを読み進めて、
合間合間に勇者はどう行動するか?という選択肢が挟まるADVパートと、

2016-08-04-042548.jpg

勇者の過去の記憶を追体験するRPGパートを交互にプレイする構成。

2016-08-04-042429.jpg

RPGパートをクリアする度に勇者は過去の記憶を取り戻していくのだ!

2016-08-04-044640.jpg

魔法使いの両親の間に生まれたけど吟遊詩人になりたいリーゼント=ナイトフィーバー、
引っ込み思案だけど優しくて困ってる人を放っておけない僧侶のヨツバ=シロツメクサ、
姉御肌で口より先に手が出ることも武闘家のユズ=ナナコロビ。
これに勇者を加えたいかにもな4人パーティで冒険は進んでいく。
この他にも数多くのキャラが登場するぜ。

2016-08-04-042104.jpg

ホントか!?ホントに由緒正しい魔法使いの家系なのかその名前?!

2016-08-08-012025.jpg

RPGパートは「普通のRPG」をエピソード毎にプレイしていく仕様。

「生まれ育った村から仲間と一緒に旅立つエピソード」
「次の街に行くための船を出してもらうよう、船長に頼み込むエピソード」
「研究を完成させるためのアイテムを手に入れるためにダンジョンに向かうエピソード」

などなど、いかにも昔のRPGにありそうな展開が多いぜ。
ワンエピソードは大体「イベント→ダンジョンを1つクリア→ボス撃破」くらいの長さ。

「主人公の過去の記憶」なのでいくら戦ってもレベルは上がらないし、
所持金や手持ちのアイテム、装備などもエピソード毎にリセットされる。
「レベル16の時の思い出」だったらいくら戦ってもレベルは16で固定。
いくらアイテムを沢山買っても次の思い出には引き継がされない。

その代わり経験値では「思い出補正レベル」が上がっていく。
これが高ければ高いほど思い出が美しく補正され、バトル時のステータスがアップするのだ!

2016-08-04-042404.jpg

エピソード毎に用意されたサブイベントをクリアすることで経験値がもらえたりも。

ゲーム自体はドラクエ風のシステムと雰囲気になっているが。
登場キャラの立ち位置や会話シーンでキャラがチョコマカと動くのは
かなりファイナルファンタジーVっぽいね。チビキャラの動きがとても可愛い。

2016-08-04-042646.jpg

レトロ風RPGとして個人的にポイント高いのはテキストがちゃんと面白いところ!
街の通行人との会話がクスリとさせるものや、
「ああ…」ってなったりするものまであって会話が楽しい。

2016-08-09-034917.jpg

2016-08-09-034924.jpg

こういう無駄な凝り方とかすげぇ昔のRPGっぽくていい!

2016-08-11-181659.jpg

敵モンスターのデザインもなかなか面白い。ナイス尻!
てめぇのゴリケツにアツアツの炎魔法をぶち込んでやるぜ!
もちろんゲームを進めると色違いで強いモンスターが出てきます。

2016-08-08-213542.jpg

RPGらしくミニゲームもシューティング、スロットマシン、アクションの3つを収録。
これはシューティングで、ディスガイアシリーズのプリニーが出てくる。

敵を撃って破裂した時に飛び散る星を別の敵に当てて倒して、
どんどん連鎖をつなげてスコアを稼ぐ内容なんだけど、
これ絶対スーパーマリオRPGの「ばくれつカブトムシ」が元ネタですよね?!
世代だから分かるわ!!!!!!!

2016-08-08-011655.jpg

見た目は昔のRPGっぽいが、遊んでいてストレス溜まらない作りで徹底してる。
画面切り替えは早くロード時間は全くないし、戦闘のエフェクトなどもサクサク。
主人公が低燃費でエンカウントをゼロにする「ノーエンカウント」の呪文を最初から持っているので、
これを使いまくっていればアッという前に先に進める。

戦闘は「とりあえずこれを使えばOK」って呪文や技が非常に分かりやすいのでかなり簡単。
思い出補正レベルをまったく上げなくても問題ないくらいだね。

2016-08-11-174800.jpg

冒険に出た勇者たちが各地で魔物と戦いながら苦しんでいる人々を助け、
挫けそうな時もあるけど諦めずに前へ進み、ついに魔王との決戦へ!

キャラ、ストーリー共に超が付くほどのド王道展開。
分かりやすい燃える展開や泣ける展開をしっかりやってくれるし、
怒涛の勢いを見せる後半も盛り上がるぜ。
メインキャラ以外もいい味出してるキャラ揃いでクロエ推しです。

2016-08-08-212955.jpg

勇者が記憶喪失で右往左往してる時も、
イイ感じの語りかけで場を繋いでくれる魔王さんの大物感。

ピアノ主体の音楽も絶品。
戦闘BGMやフィールドBGMも良かったしスタッフロールの曲も素晴らしい。
サントラ付の限定版買ってよかったわ。お気に入りはマニーヘヴンの曲。

『オモイデクエスト』楽曲集 - 世界一長い5分間|日本一ソフトウェア

ちなみに公式サイトにはユーザーがジェネレーターでランダム生成した思い出を元に、
作曲担当がBGMを作るというかなりの無茶ぶりコーナーがあって面白いので必聴。

2016-08-09-035001.jpg

なかなか面白かったんだけど
RPGパートはホントに最初から最後まですべてイベント戦闘と言っていいくらい簡単で
詰まるところが一切なく進むので遊んでるとダレてくる。
せっかく、レベルや装備がリセットされる仕様なんだから、
ボス戦では手持ちのカードでどう戦うか?みたいなパズル的なバランスにしても面白かったかも。

ウリである
「いきなりラスボス戦から始まって、記憶喪失になった勇者が徐々に記憶を取り戻していく」
ってアイデアもあんまり生かせていないと思う。

たまに全然違う時系列の思い出が単発で挟まったりはするものの、
基本的に旅立ちの村から時系列順に思い出していくから
やればやるほど「あれ?これ普通のRPGを普通に遊んでるだけじゃないか?」ってなってくるんだよね。
限定版についてきた冊子を見ると
時系列をシャッフルし過ぎると混乱するからということみたいなんだけど、
だったら後半の展開の伏線はもっと濃くても良かったな。

ADVパートも選択肢やRPGパートでの行動で変化するものの、
展開がちょっと変わるだけで大筋にはまったく影響無い。
エンディングは最後の最後の分岐で変わるだけだ。

ゲームクリア後にセーブされないため、
全エンドのコンプを目指すならラスボス撃破からスタッフロールの間に手動でセーブする必要がある。
あと、理不尽気味なミニゲームに挑まないといけないのもつらい。
なんだよ、VITAの背面タッチでしかジャンプ出来ないジャンプアクションって。

2016-08-14-002454_201608172345463d0.jpg

勇者が過去の思い出を回想するように、
プレイヤー自身が過去に遊んだRPGを思い出しながら楽しめる作品。
勇者=プレイヤーであり、冒険の思い出=昔遊んだRPGの思い出なんだ。

アイデアとかシステム、バランスは全体的にあと一歩という作りで色々惜しい内容だったが、
気持ちいいくらいの王道展開と魅力的なキャラ、昔のRPGっぽさは良かった。
難易度が低くサクサク進み過ぎて物足りないと書いたけど、逆に言うと
「昔はよくRPG遊んでいたけど、最近のは難しそうに感じてあまり遊んでいない」
なんて人にはかなりドンピシャな1本。

ここ数年でこういうレトロ風ゲームがあらゆる媒体で死ぬほど出ているので
VITAで定価3000円~4000円のタイトルとして考えるとどうしてもインパクトが弱い作品だが、
もし興味があったら思い出してみてくれ!


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/08/18 00:02 ] VITAレビュー | TB(0) | CM(8)
No title
この人たちは彼女は最後に...から注目してたんだよね
しかし自分VITA持ってないねんな
[ 2016/08/18 02:11 ] [ 編集 ]
5分間じゃなくてラストダンジョン全体でやればよかったのかもね
トラップにかかった瞬間の刹那の走馬灯で、とあるクエストで習得するスキルを思い出して回避するとか
四天王を倒すためにキーとなる技を思い出して逆転とか
某アニメみたいに「思い…出した!」と勝利フラグ立てる快感が随所にあればより良いのかなー?と
まあ未プレイだから偉そうなことは言えないけども

でも全体の雰囲気としては面白そうではある
マザー+ポケモンな感じのドット絵も良い感じ
[ 2016/08/18 02:54 ] [ 編集 ]
simple2000「取り戻せ、記憶喪失勇者くん」とかだったら妥当な出来って気がしないでもない。
[ 2016/08/18 04:06 ] [ 編集 ]
佳作なのは良いんだが
こないだの夜廻もそうだったけど
日本一はとにかく値段が高いんだよね
気の効いたメーカーなら1000円のダウンロードソフトで出すものを
4000円で売っちゃう印象
[ 2016/08/18 14:20 ] [ 編集 ]
アイディア勝負にしては値段高めだし
レトロ風はやっぱインディーズにこそ合う作風だと思う
[ 2016/08/18 21:51 ] [ 編集 ]
日本一にはクラシックダンジョンの系統も数が出てるからポートフォリオ俯瞰すると
特に二匹目のドジョウ感出ちゃうのがちょっと惜しい
[ 2016/08/18 22:31 ] [ 編集 ]
キャラクターのチョコマカ感の既視感はそうだFFVだよ、よくぞ言ってくれた
すっきりしたよ
限定版に入ってた企画書見てると、なんでこっちにゴーサイン出さなかったの?って思うのがいくつかあったんだけど
初手として、わかりやすさ優先のこれをまずは出したのかなと
とりあえずこのタッグであと三本は出してほしいかな
[ 2016/08/19 11:53 ] [ 編集 ]
>あれ?これ普通のRPGを普通に遊んでるだけじゃないか?

ですよね、レビュー読んでて思った
入りが斬新なだけというか
[ 2016/08/23 10:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

日本のSIMPLEシリーズ人口
ad by google
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

DAIKAI-6

Author:DAIKAI-6
誰かが言っていた……。
夢見る心は
自由で真っ白なキャンバス
だってな!

連絡用アドレス
daikai10@infoseek.jp

※2chから転載禁止処分を受けた
ブログのリンク・転載は
ご遠慮願います

メールフォーム(意見・連絡等などあればこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
FC2アクセス解析