絶対SIMPLE主義

死力を尽くしてSIMPLEシリーズを応援するブログ

PSVR「サマーレッスン:宮本ひかり」レビュー!ギャルゲーの未来に続く小さな1歩

14 (105)

サマーレッスン|バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

俺の家にサマーシーズン到来!
PSVR!サマーレッスンのレビュー行くぜ!


メーカー:バンダイナムコエンターテイメント
機種:PS4ダウンロード専用ソフト(PSVR専用)
ジャンル:VRキャラクターコミュニケーション
発売日:2016年10月13日
価格:2980円


2014年に技術デモとして発表して話題になり、製品化が決定したという経緯を持った作品。
3D空間内のキャラクターとコミュニケーションをとる内容で、タイトルから分かる通りシリーズ化が決定している。

14 (40)

1作目となる「サマーレッスン:宮本ひかり」は家庭教師となり、
7日間という期間限定で黒髪の女子高生の宮本ひかりちゃんに勉強を教える内容だ!
女子高生の部屋で女子高生とコミュニケーションを取れるVRゲーという、
ド直球のコンセプトで話題沸騰!恐らくPSVRで一番反響の多いタイトルであろう!

やはり未来技術×女の子の方程式は銃より強い。



14 (84)

ジャンルとしては昔ながらの育成ゲームに近い。
その日の朝に今日行うレッスンを1つ選択。
レッスンが始まり、女の子のアクションと共に3つの指導方針が表示されるので1つを選択。
選んだ選択肢によってステータスの上昇率が変化。良い選択肢を選べば大幅アップだ。
たまに女の子とのコミュニケーションイベントが発生したりする。

これを7回繰り返し、7日目のステータスによってエンデイングが3つに分岐する。

レッスンは繰り返し行う度にレベルアップして効果が高くなるんだが、
このレベルは周回プレイでも引き継がれるし、
「話のタネ」というステータスアップのアイテムに近いものもどんどん手に入る。
繰り返しプレイすれば楽にハッピーエンドが見れる仕様だ。
周回プレイで条件を満たせば衣装なども手に入っていく。
1周は30分ほどなこともあって周回前提でサクサク進むぜ。

そういうわけでゲームとしてはかなり単純な作りなんだが……ウリであるVRっぷりはスゴい!

14 (29)

もうこのスクショでは1ミリも伝わらないんだけど、
俺の部屋に女子高生が部屋ごと不法侵入してきた!という勢い。
本当に目の前にいるみたいで、横を通ったりするとつい体を動かして避けてしまうぜ。
解像度がちょっと低くて画面がボヤけた感じするんだが、遊んでると気にならない。

14 (46)

ひかりちゃんとはあくまでも家庭教師と教え子の関係ですよというゲームなので
露骨すぎるエロ要素なんかはあんまり無い。
が、「プレイヤーとのリアルな距離感」という
これまでのギャルゲーになかった要素を武器にインファイトを仕掛けてくる。
話してる最中にいきなり顔を近づけて来た時のドキッとする感じはこれまでのゲームにはなかった。
プレイして何回「近い!近い!ちょっと近いぞ!」って言ったか分からんぞ!

たまに発生するコミュニケーションイベントでは
「いきなり横に来てスマホの写真を見せてくる」とか、
「1つのイヤホンを使って2人で音楽を聴く」など。
この距離ならバリアは張れないな!と言わんばかりの飛び道具を使った接近戦っぷりを連発。
普通のギャルゲーなら普通のイベントだが、このゲームだとホントに「うわっ?!」ってなるわ。
狙ってやってるんだろうが上手い……!

14 (67)

露骨すぎるエロ要素は無いと書いたが、
体を反らしてストレッチをするイベントはかなりスゴかったと言っておく。
なんてでかさだ!

14 (102)

スクショでは伝わらないが透けブラの質感も必見である。
俺の部屋に透けブラが不法侵入してきた!ってなる。
ちなみにゲーム中にパンツを覗こうとすると怒られます。

プレイヤーの位置を感知して目線を送ってくるのも臨場感に一役買っているね。

14 (15)

このように、俺が自室のベッドの上に立って見下ろしてもしっかり目線を送ってくる。
これゲーム内の主人公はどういう状態になってるんだろうか…。

14 (16)

そのまま電灯チェック。

14 (22)

VRだからこっちの首の動きに連動して動くカメラの自由度の高さがやっぱりイイ。
部屋をあちこち見たり、勉強してるひかりちゃんを色んな角度で見たりが面白い。

とにかく存在感が本当にスゴい。
何回プレイしてもいきなり目の前に出て来た時にちょっと体を引いてしまうくらいだ。
未来のギャルゲーの一端ここにあり。

ただ、ゲームとしては薄いし、
周回プレイ前提の作りだけど周回プレイに耐えられるほどイベントのバリエーションも無い。
1周30分のゲームなのにあっという間に同じ会話ばかりになるぜ。
場所もひかりちゃんの部屋と、レッスン方針を考えるために何故か主人公が毎日いる喫茶店だけ。

14 (8)

喫茶店は雰囲気あって好きではあるんだが……。
ひかりちゃんの部屋より作り込まれてる気がする。

14 (64)

変な選択肢と変なレッスンばかりで
主人公が家庭教師としてどういう教え方をしてるのか全然わかんなかったり、
選択肢に対するリアクションが薄かったリと、
全体的に雰囲気だけのフワッとした作り。
ほとんど動きを観察してるだけでコミュニケーションで絆が深まってる感じがあんまりしない。

同じ会話を繰り返しながら延々とステータス上げを繰り返していると、
実はループモノなのでは……という気持ちになってくる。

ひかりちゃんもいくらなんでも会ったばかりの相手に距離近すぎではと思うが、
これは「主人公は女性」「主人公はイケメン」の2つの仮説が提唱されているね。
俺は女性説を雄す!

14 (86)

周回プレイの途中で飽きてきたので、
こっちの動きに合わせて表示されるコントローラーのシルエットを
ひかりちゃんの体にめり込ませてスタンド攻撃みたいな写真撮って遊んだりしてた。

14 (104)

結構楽しい。

14 (43)

あと、レッスン終わった時にコントローラーを動かして押すスタンプを
いかに汚く押せるか頑張ってみたりとか。

14 (1)

カメラ位置を調整して下に何もはいてないように見える写真を撮ったりとか。
本当のプレイヤーの目線でカメラを動かせるVRならではの楽しみ方を色々考えました。

14 (108)

周回プレイしてると慌てながらよく分からない電話をしてくる本社の女性が気になってくる。

14 (111)

ハッキリ言って2980円の育成&コミュニケーションソフトとしてはかなり内容が薄い。
Sランクを目指してもすぐ終わってしまう。
しかし実際遊んだ時の衝撃は凄まじく、間違いなく未来のギャルゲーに続く第一歩だった。
それを体験できるだけでも遊ぶ価値のある1本だと断言できるぜ。

シリーズ化が決定してるので
次回作ではこの反響の大きさを受け止めて大パワーアップさせてもらいたい!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/10/21 22:45 ] PSVR | TB(0) | CM(20)
開発経緯からもわかるけど
このソフトも技術デモの側面が強いよね
自分も2980円分の価値があるかと思うとちょっと疑問だ
[ 2016/10/21 22:57 ] [ 編集 ]
PS VRプレイしてる最中に今日の地震が起きた人がいたら、
どんな感じだったのか知りたい気がする
[ 2016/10/21 23:02 ] [ 編集 ]
ロンチで買って貰えるからかVRのソフト総じて価格が高いな
[ 2016/10/21 23:17 ] [ 編集 ]
No title
まだまだ見本市だけど未来には期待できるな
[ 2016/10/21 23:46 ] [ 編集 ]
>「主人公は女性」「主人公はイケメン」の2つの仮説
「芸術表現」って授業が途中で追加されるんですが、ひかりちゃんがプレイヤーをスケッチするんですよ。
その時頑張ってひかりちゃんのスケッチブックを後ろから覗き込むと…
[ 2016/10/22 00:31 ] [ 編集 ]
「未来は見えたがそこへたどり着くまでの道のりが遠すぎる」って現実を見せつけられる感じだった
[ 2016/10/22 00:38 ] [ 編集 ]
ラー油のへんたいぶりがよくあらわれたいいれびゅーだとおもいます、まる
[ 2016/10/22 03:29 ] [ 編集 ]
No title
技術デモ(原田さんの身銭で作った)だからゲーム性が薄いのは仕方ない部分もありますねえ
これはサマーレッスンSideM待ったなし 最後は原田さんが登場!
[ 2016/10/22 06:19 ] [ 編集 ]
No title
1万出すからヌキありver出ないかなー
[ 2016/10/22 07:16 ] [ 編集 ]
今はどこも技術デモ段階。これからが実際にVR空間を動き回れるソフトが出てくると思う
[ 2016/10/22 08:27 ] [ 編集 ]
PSVRそのものの問題点でもあるんだけど
操作デバイスが古いままだから聴覚視覚だけ凄くなっても仮想現実感は薄いんだよね
改善するにはそこが最も重要なんだが今のソニーがそこに手を付けるとは到底思えない…
[ 2016/10/22 09:08 ] [ 編集 ]
エロ油(あぶら)、セクハラー油…気を許すと乳首ねぶりスライムになるモンスターを
部屋に侵入させているというシチュエーションで読むと心配になってくる!
[ 2016/10/22 11:45 ] [ 編集 ]
>俺は女性説を雄す!
「女性」なのに「オス」とはこれ如何に
[ 2016/10/22 11:58 ] [ 編集 ]
>2016/10/22 07:16
http://vrinside.jp/news/vr-kanojo/
VRカノジョのことですかね…?
(これもSteamでは規約避けにエロ抜きの技術デモ、パッチでエロ追加の可能性があるレベルとか)
[ 2016/10/22 12:48 ] [ 編集 ]
No title
価格はまあ、投資だと思いましょう
これがロリだの人妻だのと戯れるゲームを作るきっかけになるかもしれませんし
[ 2016/10/22 14:17 ] [ 編集 ]
>カメラ位置を調整して~
のスクショ、中空に悪霊だか宇宙人だかの顔が浮かんでいて怖い…!

VRソフトは、無理やり視点変えると、主人公の首なしの体だのいろいろ心霊現象みたいなのが見えちゃうのが残念であり面白くもあるね
[ 2016/10/22 15:11 ] [ 編集 ]
2,980円ですら「高い」と感じてしまう薄さか……ラー油の飽きっぷりまでが、きちんと伝わってくるレビューですごいな。

でもそのうえで、VR体験としての完成度そのものは上質だと。そちらもしっかり納得できた。
[ 2016/10/22 18:55 ] [ 編集 ]
あらゆるニーズに応えるためにちゃんとショタを教えられる続編も作るべきだろう
[ 2016/10/22 20:31 ] [ 編集 ]
会話もいいけど様々な部屋を探索するゲームも欲しいよなあ、違和感ない住人作るのはコスト高そうだし
部屋の小物を作り込んだ脱出ゲームとかめちゃくちゃ面白そう…!ただ、脱出じゃ小物の作り込みは予算的に厳しいよなあ、売れる見込みを考えるとやっぱり女子高生メインなのか…
[ 2016/10/23 03:06 ] [ 編集 ]
No title
ロリ、おばさま、老女...
ショタ、おじさま、ジジイ...

夢は広がる一方ですね...!
[ 2016/10/27 12:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

日本のSIMPLEシリーズ人口
ad by google
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

DAIKAI-6

Author:DAIKAI-6
誰かが言っていた……。
夢見る心は
自由で真っ白なキャンバス
だってな!

連絡用アドレス
daikai10@infoseek.jp

※2chから転載禁止処分を受けた
ブログのリンク・転載は
ご遠慮願います

メールフォーム(意見・連絡等などあればこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
FC2アクセス解析