絶対SIMPLE主義

死力を尽くしてSIMPLEシリーズを応援するブログ

それはまるでおもちゃ箱のような……「SuperLite2500 BRICKDOWN ブロックくずしのフランス革命やぁ~!」

遅ればせながら
「SuperLite2500 BRICKDOWN ブロックくずしのフランス革命やぁ~!」をクリアー!
早速感想を書いた……んだけど、
気合入れて感想書きたくなるくらいには良いゲームで、
しかも俺の好きなブロックくずしというジャンルで、
ついでに収録されている複数のゲームすべてに
「これは書かねば」という点があるということで、
えらく長い感想になってしまった。気になる人は頑張って読んでください

SuperLite2500 ブリックダウン

ていうか今公式サイト見たら1月28日付で動画が公開されているので、
俺の長ったらしい感想読むよりは
そっちを見たほうが10倍くらい参考になるかもしれない


ブリックダウンはフランス製のゲームでタッチペン、2画面、マイクと、
DSならではの機能を活用したゲームを10種類収録したブロックくずし集。
単なるミニゲーム集や一発ネタレベルではなく、
どれもきっちりアイデアを生かした遊べる内容になっていて、
練りこみ不足に感じるものもなくはないが、
「こ、これは!」と遊んでいて思わず唸ってしまうゲームもアリ。
10種類のゲームはどれも非常に個性的で、
なんだかおもちゃ箱みたいなゲームだなぁと最初触ったときに思ったものです
ブロックくずし好きな人も、大して興味の無い人にもオススメ出来る、
2500円としてはお買い得過ぎる良作。

メインのゲームモードはアーケードとシャッフルの二つ。
アーケードは10種類のゲームを一つ選択して遊ぶモード。
最初は2つのゲームしか遊べないが、遊んでいくうちにどんどん増えていく。

各ゲームにはそれぞれ
通常ステージ9+ボス戦ともいえるSPステージの合計10ステージが存在。
さらに「特定のアイテムをすべて取る」、
「特定のブロックをすべて破壊する」などの条件が
全ゲーム全ステージに用意されており、条件をクリアするとメダルを入手。
メダルを集めるとサウンドテストやアラーム機能がオープンするなどの
やりこみ要素も用意されている。
一度、通しでクリアしたゲームは好きなステージから開始出来るので、
最初は条件を無視してとりあえずクリアを目指すのも手だ。

全10ステージだがコンティニューは3ステージごとにしか出来ない。
例えばステージ3で死んだらステージ1から。
ステージ5で死んだらステージ4から。
そこそこ難しめの難易度なんで賛否ありそうだけど
初期ライフが5とそこそこ多いわけだし、
緊張感を保つにはちょうどいい縛りだと思う。俺としては肯定派。
壊したトータルブロック数が一定を超えると
ライフが5から6増えたり、マイクを使った補助機能が使用可能になったりと、
救済処置もちゃんと用意されてバランスは取れてるしね。
「残機1。だがこのステージさえ乗り切ればコンティニューが可能になる!」
と手に汗握るのが楽しいんだ。こういうのは。

シャッフルモードはオープンした全ゲームの中から
ランダムで選ばれた5つのステージをクリアしていく。
それだけのお手軽な暇つぶしモード。
こういう手軽に遊べるモードを用意するのはいいと思うんだけど、
いきなり難しいステージが出たりもするので、
ある程度難易度設定が出来ても良かったかも。
「ステージ1~4の間からランダム」とか。そんな感じで。
初めて遊ぶ知り合いにオススメする時とかにもそういうのがあった方が薦めやすい、
いや俺にリアルでゲームを薦めるような知り合いなどいないんですけどね。

ちなみにこのゲーム、メダルなどのやりこみ要素はあるものの、
全ゲーム全モード通してスコアやランキングの要素は一切無い。
得点やランキングは気にせず、
DSの機能をフル活用したブロックくずしの数々を気軽かつ純粋に楽しんで欲しい
ってスタンスなのかな。
気軽に遊ぶことのみに特化したシャッフルモードの構成からもそれが伝わってくる
別にスコア制を否定するわけじゃないが、こういう態度は好感が持てるね。

でもスコア無いとやっぱり物足りねぇ!もっとガチガチにやり込みてぇ!
と感じた人はTHEブロックくずしDSを買おう
テトリスグランドマスターをブロックくずしでやったような内容だから満足できるハズ

さて、続いて収録されている個性的な10種類のゲームを紹介。

ビッグ
一番オーソドックスなゲーム。アイテムアリのブロックくずし。
取るとボールの偽者が画面内を飛びまわるマイナスアイテムなんかは面白いが
まあ、普通といえば普通か。

スケッチ
ボールを弾くパドルをタッチペンで描くことが可能という斬新なゲーム。
しかし描けるスペースが狭い上に複雑な形は描けないため、自由度はあんまりない
双葉理保の顔を描いたりなんてのは夢のまた夢で、
ちょっと曲がったパドル程度しか描けない。
ボール保持力を高めるために凹んだ形のパドルに!
斜め上への弾く力を考えて凸型のパドルに!
とか色々やってみても結局普通の形状が一番って話になってしまう。
パドルをペンで描くって発想は面白いんだけどあんま生かせてない感じだなぁ
AとかBとかも描けるけど、だからなんだって話になってまう。
ステージは何故か浮世絵風だったり壁画風だったりでシュール。
そこは好き。

ゴースト
画面が縦にスクロールするブロックくずし!
パドルがブロックや地形に挟まれてしまうとミスになるので、
ボールを保持しつつ障害物を避ける必要がある。
が、破壊不可能な地形で道が分けられているので、
どのルートを進むかも重要だったりとかなり忙しくて難しい。
「やばい、こっちに進まないとブロックにはさまれてしまう!
ああでもこっちに進むとボールがキャッチできなウボァー」
とかでかなり死ぬ。ボールのスピードもかなり速い。
後述する「レトロ」と並ぶ高難易度で大苦戦したよ。
いやぁ、クリアできた時は嬉しかった。緊張感あってよし。

スイッチ
ブロックに青と黄色の2種類があり、
破壊したブロックと同じ色にボールが染まるというルール。
黄色のブロックを破壊すればボールが黄色に。
青色のブロックを破壊すればボールが青色に。
パドルの色もボタンorキーor下画面のスイッチをタッチで変更可能で、
ボールが青い時は青いパドル。
ボールが黄色い時は黄色いパドルで弾かないと即死。
ボールをよく見てパドルの色を瞬時に切り替えて対応しなければならない
って斑鳩だコレ!

ボールがブロックを破壊しまくって色がめまぐるしく変わっていく時などは
ど……どっちだっ!?とかなり焦る。こりゃ面白い。
ただ、難易度が低いせいでちっと物足りない。
ギミックももう一捻りくらい欲しかったかなあ。
発想は非常に面白いんだけど、
色の変化以外はオーソドックスなブロックくずしなんでちと寂しい。
色とりどりの弾を撃ってくる敵を出すとかどうだろ。斑鳩!

ウォーター
どう見てもグラフィックがゲームウォッチだコレ!
ボールや直接タッチでMr.ゲームウォッチの
立っている足場を傾かせて水面に落とし、
そこを潜水艦型のパドルで上手くキャッチして救助するゲーム。
先のステージに進むとサメが登場。
パクパクと救助者を平らげてしまうので、
サメが来たら素早くタッチして追っ払う必要がある。
サメのスピードが少々理不尽に感じるものの、適度に忙しくて面白い。

シュート
自機が戦闘機!そして弾を発射してくる敵も登場!
弾を避けつつボールもキャッチしなければならない。
一定時間自機を動かさずにいると
エネルギーがチャージされてフリーズレーザーが発射。
破壊力は無いが、敵を一定時間凍らせることが出来、
ボールの軌道も変えることが出来るのでかなり重要だ。
敵弾の軌道とボールの場所をうまく考えて積極的に使おう。
また、アイテムを取ればショットも発射可能。
オート連射で垂れ流しだが、敵やブロックをガシガシ破壊出来る。
自機が戦闘機の形をしているので
感覚的にちょっとボールを弾きにくかったりはするが、
弾避けをしつつのブロックくずしは非常に楽しく、
敵の攻撃のスキをついてレーザーをチャージするタイミングの計り方など、
上手くブロックくずしとシューティングを融合させてる印象。

しかしこれシューティングの癖にBGMが盛り上がらないッ!
背景宇宙で自機戦闘機なんだからもっとこう、あるだろ!
いっそ日本版限定でライデンファイターズの曲をそのまま使ってください!
もしくはガーディアンフォース!

ボス戦はビッグコアによく似た巨大メカとのバトル。
ここでは通常ステージとちがってレーザーも撃てないしショットも使えない。
が、ボスの前面に展開しているバリア装置をボールで破壊し、
続いてボスの装甲もすべて破壊してコアを剥き出しの状態にすると同時に
ショットが使用可能になるという、
実にシューティングゲーム的なロマンに溢れたギミックが仕込まれていて少し感動

カーブ
ブロックくずしに重力の観念が加わるだけでこんなに面白くなるものか……。
思わず唸った一品。アイデアではこれが一番だと思う。
ステージに「重力」や「高低差」の観念があるため、
強くボールを弾かないと画面上まで届かずに落っこちてしまうし、
盛り上がっている地形の上を通るとボールもそれに沿って動く。
すべてのブロックを破壊すると「ゴール」が出現するが、
そこまでの軌道を様々な地形が阻んでいることが多いので一筋縄ではいかない
一言で言うとパターゴルフ風ブロックくずしなんだけど、ホントに凄く面白い。

これはタッチペン操作ならではって側面も大きいな。
パドルでボールを弾く時の力の調節は方向キーとかじゃ無理だわ。
動きとしてはピンボールに近いので出来ないことは無いが、
ここまで面白くはならない。絶対にならない。断言していい。
タッチペンだからこそこのゲームはこれだけ面白い。
ボールの軌道を上手くコントロールしてアイテムを取ったり、
微妙な力の調節で地形と地形の間を通して、
ゴールにボールを叩き込んだりするのがとにかく楽しい、
これはもっと遊びたかったなあ。10ステージが短く感じるぜ。
単品で出すようにフランスにメールしといてサクセス。エアメールで。

スピード
光速で動き回ってブロックを貫通するレーザーをパドルで反射!
全部のブロックを破壊せよ!
テンポの速さと爽快感では全ゲーム随一のブロックくずし。
とにかくレーザーのスピードが速いので慣れるまで大変だが、
バリバリとブロックを壊せるのはかなり気持ちいい。
アイテムを取ると一定時間ステージの上下左右がすべてつながり、
なんだか分からないスピードでレーザーが乱舞したりと凄いことになったりもする
まあブロックを破壊しまくる爽快感では
SIMPLE1500のTHEブロックくずしには勝てないんですが!

個人的にはネオンサインみたいなグラフィックじゃなくて、
ベクタースキャン、もしくはワイヤーフレーム調のグラフィックの方が良かったかなー
そっちの方が雰囲気的にもあってると思うのですけれど。

レトロ

o5tffF1010233.jpg


まずゲームを選択するとこんなスタート画面が表示されるので、
画面右下に表示されている10円玉をタッチペンでタッチ

o5tffF1010234.jpg


そのまま投入口に持って行く。
こいん いっこ いれる

o5tffF1010235.jpg


チャリーン♪
ゲームスタート。
コンティニューする時も同じ手順が必要になる。
これだけなんという凝り方。まさにレトロ。

ゲーム内容は下画面でのブロックくずしと、
上画面でのジャンプアクションを
同時にこなさなければいけないというかなりハードな内容。
ジャンプは下画面についてるジャンプスイッチor方向キーorボタンで可能
片方に気を取られているうちにもう片方でミス!
ジャンプアクションと言ってもそんな激しい内容ではないんだが、
ブロックくずしと同時にやらなければいけないというのが難しい。

しかもブロックくずし部分はボールが2つあって両方ともキープする必要があったり
時間経過でフィールドが変化したりするので大忙し。
それがまた悩ましくも楽しい。
ふっと気を緩めた瞬間に思わぬ凡ミスをしてしまうので緊張感があって熱い。
ライフは3のみで、他のゲームにある破壊ブロック数による救済処置も無しと
ゲームバランスもレトロだ。3面ごとのコンティニューは出来ますけどね。

SFCのアクションゲーム風ドット絵からワイヤーフレーム、
そして白黒GBを思わせるチープなグラフィックへと変化していく上画面と、
ピコピコしたノイズ交じりのBGMがまたレトロで素敵なのです。
最後のボス戦がまたなかなかに愉快。
フランスのゲームって話だけどスタッフは日本のゲームのファンなのかね?
この「レトロ」や「シュート」を見るとなんかそんな感じがする。

ボス

最後のゲームはボス。単なるボスラッシュかと思いきや、
様々な武器を使用して敵キャラとタイマンする文字通り「ボス」ともいうべき内容
ステージごとに攻撃方法が変わるのは面白いんだけど……。
簡単過ぎるっていうか全ゲーム中一番簡単だぞこれ?!
ゲームオーバーにならずに1回でクリアできました。
凝った演出はいいとしても、最後なんだしもちっと歯ごたえあっても……。
ちなみにラストの選択肢は花を選択。やっぱり最後はラヴ&ピースでしょ?


いやぁ、面白かった。
楽しいアイデアと驚きがギュッと詰まっていて、
最初にも書いたけどまさに「おもちゃ箱」よ、このゲームは。
SIMPLE DSシリーズのTHEブロックくずし(良作)が
「DSの機能を生かした普通のブロックくずし」を突き詰めた作品ならば、
こちらは対照的に
「DSの機能を生かした普通じゃないブロックくずし」を突き詰めた作品。
とにかく個性的で、お手軽で、明るく楽しくて、ある程度のやりこみ要素もある。
各ゲームの難易度にバラつきがありすぎるのが少し気になったくらいで
それ以外に大きな欠点は無し。
2500円なら間違いなく良作だ。抑えておいて損の無いソフトだぞ。

全ステージクリアすると、ボスを除いた9ゲームにそれぞれ5ステージずつ。
合計45ステージのエクストラステージが追加されるからまだ終わりではないんだけど、
一応エンディングは見たし、明日は新作SIMPLEのフラゲ日なのでここで一段落。
今後は少しずつ遊んでいきます。

しかし発表当初にも散々言ったけどこのサブタイマジありえねぇ酷さ。
サブタイ考えた奴を
「革命の代償は血によって購ってもらうッ!」
とか叫びながら石で殴ってやりたい気分だ。
いや石で殴りたいなんて書いたら犯罪予告になっちまうか。
石で出来たハリセンでパチンとやりたい気分です。

あと、パッケージ裏見ると「10種類×100ステージ以上」って書いてあるけど、
これ「100ステージ以上」の間違いだよねぇ?
だって10ゲーム×10ステージで全100ステージ。
エクストラステージを合わせても145ステージしかないもの。
約800ステージほど足りない。
エクストラステージもクリアするとさらに800ステージくらい追加されるとか?
さすがにそれは無いと思うが……。
メダル獲得画面見てもそんなスペース無いしね。
真相はそのうちエクストラステージをクリアした時にでも。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/01/29 09:06 ] DSゲームレビュー | TB(1) | CM(4)
うぉー、感想まってました
スゲー面白そうですね、普段ブロックくずしやらないけど
明日スマブラフラゲと一緒に買ってこようかな
[ 2008/01/30 00:10 ] [ 編集 ]
ボールは弾き返す、ジャンプアクションもこなす。両方やらなきゃならないのが幹部の辛いところ。

しかしラー油さんは幸せそうだ。まさに『幸』と『辛』は棒一本の違い。
[ 2008/01/30 02:00 ] [ 編集 ]
ホントになげぇぇぇぇぇぇぇ
でもこのゲームが面白いということが
ひしひしと伝わってきた

そしていよいよカスタムセンシャが・・・
[ 2008/01/30 09:36 ] [ 編集 ]
ふと思い出しましたが、「FLIPNIC」っていう
ミョーなピンボール系アクションがありましたなw
[ 2008/01/30 13:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

[ゲーム]ゲーム屋店員の憂鬱 その2
1人で応援していた『BLICKDOWN』に、ついに心強い味方が! 「それはまるでおもちゃ箱のような……」(絶対SIMPLE主義) DAIKAI-6さんのレビューは私のよりもよっぽど詳細でわかりやすいので、購入を迷っている人は是非読んでみてください。面白いですから! フランス革命!
[2008/01/29 16:30] 図書館の海辺で
日本のSIMPLEシリーズ人口
ad by google
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

DAIKAI-6

Author:DAIKAI-6
誰かが言っていた……。
夢見る心は
自由で真っ白なキャンバス
だってな!

連絡用アドレス
daikai10@infoseek.jp

※2chから転載禁止処分を受けた
ブログのリンク・転載は
ご遠慮願います

メールフォーム(意見・連絡等などあればこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
FC2アクセス解析