絶対SIMPLE主義

死力を尽くしてSIMPLEシリーズを応援するブログ

Switch『送り犬』レビュー!展開が万華鏡のように変化!古き良きサウンドノベルを思わせる超展開ホラー!

11 (2)

送り犬 公式

『送り犬』のレビュー行くぜ!


メーカー:メビウス
機種:Switchダウンロードソフト
ジャンル:ホラーノベル
発売日:2018年7月12日
価格990円

『アパシー』『学校であった怖い話』『晦』『四八(仮)』などでお馴染みの
飯島多紀哉がシナリオを手掛けたホラーノベルだ。
元々は同人ゲームとして発表された『アパシー ミッドナイト・コレクション』の収録シナリオの一つで、
後に分岐などを追加して携帯アプリに移植された作品。
今回のSwitch版では更にグラフィックを一新し、新規シナリオも追加された内容となっているぜ。

選択肢によってびっくりするくらい展開がガラリと変化し、ホラー以外のシナリオも色々とある。
短編集的な構成になっているが、まさに古き良きサウンドノベルってノリで面白かったぞ。

11 (5)

ストーリーは主人公の女子大生「財部 美穂」が合コンに誘われるところからスタートする。
そこで出会ったイケメン「仙田 秋成」とイイ感じに盛り上がり、
退屈な日常が華やかになっていく美穂だったが、
とある民話「送り犬」に纏わる恐ろしい出来事に巻き込まれていく。

文章を読み進めて途中の選択肢でオーソドックスなノベルゲームで、
表題になっている「送り犬」以外にも様々なルートが用意されているぞ。
どちらかというと人間の怖さを描いたノリが色濃いが、
王道ホラー、陰惨な展開からギャグ、SF、感動までジャンルは様々。
エンディングはバッドエンド含めて全35種類となっている。

11 (27)

選択肢によって展開が変わるゲームは珍しくないが、
これはその場の選択肢でキャラ設定の根幹までガラッと変わってくるので展開が読めない。
選択肢一発で、いきなり主人公がサイコ野郎だったことが判明して唐突にエンディングになったり。
やり直して違う選択肢を選ぶと、普通の女子大生としてそのままストーリー進行したりね。

とにかく選択肢で分岐する展開がバラエティ豊かで、
ホラー展開からの大団円で綺麗に終わることもあれば、ビックリするくらい唐突なエンディングで終わったり、
よくこれを家庭用ゲーム機でやったな……!と思うマジでドン引きする展開が用意されてたりもする。
そもそも主人公が女子大生で、割と普通に抱かれる展開もあるので年齢層高めね。

主人公が狂人になって誰かを殺すようなエンディングもあれば、
主人公が狂人に殺されるエンディングもあるので、先手を取って狂った方が勝ちみたいなとこある。
トレーディングカードゲームみたいだ。

11 (13)

ギャグ展開も色々あって、序盤の選択肢を適当に選んだら、
怪奇現象が一切起こらずに主人公がパチプロで一発当ててENDに辿り着いて爆笑したわ。
他のルートでは殺したり殺されたりする主人公が、平和にパチンコで稼いで家まで買う。
地位も名誉も全部手に入れられるんだ。こいつはこれ以上ない俺たちの上がりじゃねぇのか?

11 (5)

ルートによっては別の登場人物の視点で進むこともあって、
そちらはそちらでジャンルがまったく違うストーリーが展開される。
警備員である「山本幸男」の視点で進むシナリオは、
職業設定を生かしたまさに怪談ってノリで面白かったし、
その流れで唐突に変な選択肢をブッ混んでくるのもすごく飯島多紀哉っぽい。

新規シナリオだと思われる2本もそれぞれ異なる主人公によるストーリーで、
不思議なペットを飼う話とガチホラーの2編。
選択肢がない一本道だけど、どちらも面白かった。

11 (16)

短編集的な作りで、メインシナリオである『送り犬』も含めて割とあっさり終わる。
ちょっとイマイチなルートや、
意味不明のまま終わったり、数合わせっぽく終わるエンディングもあったりはするんだが、
選択肢一つで予想外の方向に転がっていくストーリーは遊んでて飽きさせなかったぜ。
割とどのルートでも気の毒な目に合ってるキャラに同情したり、
可愛いけど行動や思考が読めない主人公に恐怖を感じたりできるのはこの形式ならでは。

違和感や認識の違いから来るホラー展開での不気味さの演出や、
割とあっさり終わるからこそ残る余韻の上手さはベテランらしさを感じられた。
単語や人名が同一のお遊び程度だが、
『学校であった怖い話』シリーズをやってるとニヤリと出来る場面もチラホラあって嬉しかったね。

11 (15)

気になった点としてはテキストを送るときの効果音。
ドラクエで壁にぶつかった時みたいな音で慣れるまではかなりの異物感。
クイックセーブをした時の、珍しい楽器を階段から落としたような大げさな音も気になる……。
音量調整は出来るが、効果音を下げるとゲームそのものの効果音も下がっちゃうから困るぜ。
そこ以外のシステム面は、沢山作れるセーブデータに高速スキップにバックログ、
選択済みの選択肢にチェックマークが付くなど不満点は無いんだけどね。

あと、各ルートのクライマックスなどでよく流れる「逆転!」的なBGMが、
やたら明るい曲調で浮きまくっているのでイントロだけでちょっと笑っちゃう。
よりによってパチプロENDで出てくるパチンコ店で普通にBGMとして出てくることもあり、
「パチプロ勝利のテーマ来た!」と余計に面白くなってしまったわ。
やはりこのゲーム、最終的にパチンコがすべてを救うのか……。

11 (17)

全エンド見るまで10時間掛からないくらいか。
色々といびつな作りではあるが、そこがまた魅力でもある。
良い意味で昔ながらのサウンドノベルっぽさに溢れた1本だ。
これで990円はかなり気合を感じる作りだぜ。ピンと来た人にはオススメだ!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
No title
「古き良き」って言われると褒めてるのか分かんないなw
内容聞くと学怖みたいで結構面白そうですね!
カードゲームってカウンターで打ち消すイメージあるから先手が有利なのか後手が有利なのかよくわかんないぜ
[ 2018/07/14 11:36 ] [ 編集 ]
>あと、各ルートのクライマックスなどでよく流れる「逆転!」的なBGMが、
>やたら明るい曲調で浮きまくっているのでイントロだけでちょっと笑っちゃう。

ホラーゲームだと、普段は気に止めない環境音(時計の秒針)が大きく聞こえてくるとか
逆に音が鳴りやんだ方が怖い反面、どんな怖い音楽でも「来るんか?来るならこいやーオラァ!シンプル買えや!」
って準備出来ちゃうこともありますよねw

ちなみに不協和音を使った音楽は簡単に怖くなるんですが…打ち消し方も存在…
https://youtube.com/watch?v=U7VUEiK8b7M

ゴジラのテーマで三本締めとか…信じるか信じないかはあなた次第…
[ 2018/07/14 12:55 ] [ 編集 ]
ホラーというより広義の意味での見世物小屋テイストなんでしょうね
そういう意味でも学怖を作った飯島氏の得意中の得意とする作風です
[ 2018/07/14 14:04 ] [ 編集 ]
No title
飯島さんの作品は例の問題作しか知らなかったので、あまり期待していなかったんですが、意外にも(失礼)完成度の高いサウンドノベルでした。
不満点はフローチャートがないので分岐までいくのが少し面倒なことくらい。
この内容で990円はかなり良心的ですし、売れてほしいです。
[ 2018/07/14 15:45 ] [ 編集 ]
アマゾンと化した主人公が一番笑ったなぁ
[ 2018/07/14 16:02 ] [ 編集 ]
>「古き良き」って言われると褒めてるのか分かんないなw
古き良きってのは褒め言葉だよ
任天堂のゲームなんかはこういう言葉が合うゲームが多いしね
[ 2018/07/14 19:01 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> >「古き良き」って言われると褒めてるのか分かんないなw
> 古き良きってのは褒め言葉だよ
> 任天堂のゲームなんかはこういう言葉が合うゲームが多いしね

以前、「古き良き時代の冒険譚」という問題作があってね……。
そのせいでウチのブログの読者はこの言葉に敏感なのである
[ 2018/07/14 19:28 ] [ 編集 ]
一応(?)2016年の据え置きKOTYでもあるんだけど、最近KOTY元気無いしなー
[ 2018/07/14 21:19 ] [ 編集 ]
Twitterに投稿してた時も思ったんだけど、ノベルゲームで特定のルートのエンディングをネタバレしちゃうのって大丈夫なのかな?>パチプロ
[ 2018/07/14 22:07 ] [ 編集 ]
古き良きが褒め言葉に聞こえないのは個人的にスクエニが悪いと思う。
今オクトパストラベラーやってる。
最後まで面白いかわからんけど出来るならもっと前からしっかりやれといいたい。
[ 2018/07/14 23:00 ] [ 編集 ]
飯島氏がシナリオの文面をチェックする機会が取れなかった事から
結果的に過去作品との緩やかなクロスオーバーが発生してるってのはちょっと神がかってて面白いですね
狙ってやった訳じゃないのがまた
[ 2018/07/14 23:11 ] [ 編集 ]
飯島氏本人のブログ読んだら(ラー油に迷惑かかるかもしれんからURLは貼らないけど)
謙虚だけどめちゃめちゃ素直な感想書いてて好感持ったわ
5000本売れたら次が出るらしいからみんな買おうぜ
[ 2018/07/14 23:54 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> Twitterに投稿してた時も思ったんだけど、ノベルゲームで特定のルートのエンディングをネタバレしちゃうのって大丈夫なのかな?>パチプロ

一番最初の分岐から辿り着くエンディングだから、
ゲーム説明の一環と思ったけどどうかな……。
[ 2018/07/15 03:05 ] [ 編集 ]
>[ 2018/07/15 03:05 ] DAIKAI-6

個人的には昔ながらのサウンドノベルみたいなゲーム性だ、という事が分かりやすくいい説明だと思うよ。
過去同ジャンルを遊んでいたりこのゲームをしてみれば、簡単に浅いところで見れるネタエンディングの話でクリティカルなネタバレでは無い事は分かるしさ。

ただこのタイプのゲームを知らないと、色んな意味でルートによる差がむちゃくちゃ大きいみたいなのが分からず、オチを言っているというだけでもびっくりしちゃうのかもね。
[ 2018/07/15 14:18 ] [ 編集 ]
> Twitterに投稿してた時も思ったんだけど、ノベルゲームで特定のルートのエンディングをネタバレしちゃうのって大丈夫なのかな?>パチプロ

それは自分も思った。死印の時なんか中ボスの画像も出しちゃっているから、「これはせめてモザイクにして欲しいな~・・・」と思った。

ゲームやっていると「いよいよ中ボスが出てくる」っていうおどろおどろしい音楽の時に「どんなビジュアルの敵なんだろう??」とドキドキするのだが、それがなくなってしまう。

「自分はできれば人物画像も敵画像も衝撃映像画像も全部モザイク処理して欲しい」っていう意見です。

いろいろな人がいろいろな事を言うし、ラー油ブログだからラー油が決める事だと思うけど、「こういう一意見もあるよ。^^」、という話です。
[ 2018/07/15 17:59 ] [ 編集 ]
自分としては、このレビューでパチプロENDを見て「かまいたちの夜」の大阪で就職ENDみたいなもんかと思って興味がわいた

でもネタバレに関してはほんとに人それぞれの考え方があるからね
ニンテンドーeショップ更新配信で先に雷神76%オフのコメントを見て
「ネタバレしないで」「俺の一週間の楽しみを奪うのやめてくんない」とか言ってた人もいたしw
[ 2018/07/15 23:58 ] [ 編集 ]
子犬の絵もうちょっと頑張れなかったのか
[ 2018/07/16 00:00 ] [ 編集 ]
No title
モザイクをかけてボスの画像を出す…めちゃめちゃ身に覚えがあるそういう攻略本…
昔のVジャンプのやり方だコレ!!
中ボスラスボス裏ボスあたりのどれかをモザイクかけた画像載せて「こ、こいつは一体…!? 正体は是非とも君の目で確かめてくれ!」って書いてあるやつ
[ 2018/07/16 02:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

日本のSIMPLEシリーズ人口
ad by google
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

DAIKAI-6

Author:DAIKAI-6
誰かが言っていた……。
夢見る心は
自由で真っ白なキャンバス
だってな!

連絡用アドレス
daikai10@infoseek.jp

※2chから転載禁止処分を受けた
ブログのリンク・転載は
ご遠慮願います

メールフォーム(意見・連絡等などあればこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アクセス解析